ウェブサイト制作の流れを解説!アイデア〜公開までの進め方

  • 2022.3.1
  • ウェブサイト制作流れ
  • デザイン
  • 新規事業

サイト

ウェブサイトの知識がなく、ホームページを初めて作成する場合には分からない事も多くありますよね。

例えば発注するまでや、制作、運用までの大まかな流れついても知っておきたいところ。

特に制作会社などに依頼する場合、事前に流れを知っておく事はスムーズに作業に入るためにも重要になります。

そこで今回はウェブサイト制作の流れを解説し、アイデア〜公開までの進め方をご紹介します。

 

ウェブサイト制作の流れ・発注編

サイト

ホームページのウェブ制作を行う最初の流れは、「ホームページを企画し、制作会社に発注」するまでの段階になります。

 

ウェブサイト発注までの流れ

ここではホームページのウェブ制作を行う最初の「発注段階」について、具体的な流れをご紹介していきます。

 

アイデア出し〜見積り

まずはウェブサイト制作会社に依頼する前に、自社でアイデアを集ってみましょう。

  • ホームページを作る目的は?
  • ホームページで何をしたいのか
  • 対象顧客はどのようなユーザー層か
  • 予算、納期はどれくらいか

とくに予算については、制作会社に依頼する際に重要な項目です。

複数の会社に見積りするケースもありますので、事前に企画書を作成しておくとよいでしょう。

 

ヒアリング・打合せ

企画書が準備できたら、制作会社にヒアリング、打合せを依頼しましょう。

この時事前に会社を絞り、2〜3社で行う事をおすすめします。

複数社で打合せを行う事で、コストと製作上のメリットを確認することができます。

それぞれの会社で打合せが終わったら、見積りを依頼しておきます。

 

プランニング・見積り

この段階で各社のプランニングと見積りを受け取ります。

それぞれの会社のメリット・デメリットを比較してみます。

最終的に一番最適なプラン、見積りを提案いただいた会社を決めてみて下さい。

 

ウェブサイト制作の流れ・制作編

サイト

次に発注が決まり、「制作会社によるホームページを制作し、公開」までの流れになります。

実際の発注段階、制作段階の流れについて解説していきます。

 

サイト設計案を考える

制作会社では、まず最初に会議を行いサイトの設計案を考える工程から入ります。

いくつか制作会社から質問がある事も考えられます。

 

この時、希望を伝えておきましょう。

ホームページ全体の設計案は、大まかなコンセプトから図案化しますので、希望をきっちりと伝える事が大切。

制作会社と一緒に、設計案を整えていきましょう。

 

イメージをもとにデザイン化

ホームページを作成する設計案が仕上がったら、イメージをもとにデザイン化の作業に入ります。

この段階では、以下のコンセプトが重要になります。

  • ユーザーの疑問を解決するデザイン
  • 集客したユーザーにアプローチするデザイン
  • ホームページの使い勝手をデザイン

 

このようにそれぞれ異なったデザインを意識する必要があります。

ホームページに訪れたユーザーが満足するデザインを、デザイナーが実現して行く工程ですので、少しずつ仕上がるサイト制作をしっかり見守って行きましょう。

 

ウェブサイト開発

ホームページのデザインが決まったら、実際のウェブサイト開発に入ります。

主にプログラミングの仕事となりますので、制作会社にお任せしましょう。

この時、予約専用ページや決済ページ、動画を入れるなどシステム開発が必要なケースもあります。

この場合システムエンジニアが活躍しますので、制作会社から質問があった場合は答えるようにしましょう。

また、ドメインやサーバーの設定もこの時行われますので、希望のIDやパスワードも伝えておくとよいでしょう。

 

テスト・修正作業

プランニングの開発が終わったら、テストと修正作業になります。

プランニングの開発が終わったら、テストと修正作業になります。

この段階では、以下のチェックが重点的に行われます。

  • 文章が切れ目なく、誤字や脱字ないか
  • 画像や動画の著作権が守られているか
  • ユーザーが使い易いサイトになっているか

 

最近では特にスマートフォン向けのサイト制作も同時に行われるケースも多いため、こちらも合わせてテストされます。

トライアンドエラーの作業となりますので、制作会社と共同でホームページを完成させましょう。

 

実際の運用で行う事は?

ホームページが仕上がったら、宣伝媒体を利用しマーケティング活動を開始しましょう。

とくに検索サイトの上位に検索されるためのSEO対策や、SNSを活用しホームページを宣伝していきます。

また、実際にホームページを訪れたユーザーにメルマガなどでフォローも効果的。

さまざまなアプローチ方法を駆使し、ホームページを宣伝していきましょう。

 

関連:ホームページ制作会社の上手な選び方とは?ポイントで徹底解説

 

まとめ

今回は、ウェブサイト制作の流れを解説し、アイデア〜公開までの進め方をご紹介しました。

ホームページを制作する流れは、「発注」「制作」段階に分けられていましたね。

それぞれの流れを詳しく解説しましたので、ご理解頂けたかと思います。

実際にはホームページの規模や予算によって、流れが異なりますので、分からない事はお気軽に弊社に聞いてくださいね。

サイト制作の流れを把握し、独自のホームページを作り上げて行きましょう。

 

カジュアルミーティング
  • 2022.3.1
  • ウェブサイト制作流れ
  • デザイン
  • 新規事業

ウェブサイトの知識がなく、ホームページを初めて作成する場合には分からない事も多くありますよね。

例えば発注するまでや、制作、運用までの大まかな流れついても知っておきたいところ。

特に制作会社などに依頼する場合、事前に流れを知っておく事はスムーズに作業に入るためにも重要になります。

そこで今回はウェブサイト制作の流れを解説し、アイデア〜公開までの進め方をご紹介します。

 

ウェブサイト制作の流れ・発注編

サイト

ホームページのウェブ制作を行う最初の流れは、「ホームページを企画し、制作会社に発注」するまでの段階になります。

 

ウェブサイト発注までの流れ

ここではホームページのウェブ制作を行う最初の「発注段階」について、具体的な流れをご紹介していきます。

 

アイデア出し〜見積り

まずはウェブサイト制作会社に依頼する前に、自社でアイデアを集ってみましょう。

  • ホームページを作る目的は?
  • ホームページで何をしたいのか
  • 対象顧客はどのようなユーザー層か
  • 予算、納期はどれくらいか

とくに予算については、制作会社に依頼する際に重要な項目です。

複数の会社に見積りするケースもありますので、事前に企画書を作成しておくとよいでしょう。

 

ヒアリング・打合せ

企画書が準備できたら、制作会社にヒアリング、打合せを依頼しましょう。

この時事前に会社を絞り、2〜3社で行う事をおすすめします。

複数社で打合せを行う事で、コストと製作上のメリットを確認することができます。

それぞれの会社で打合せが終わったら、見積りを依頼しておきます。

 

プランニング・見積り

この段階で各社のプランニングと見積りを受け取ります。

それぞれの会社のメリット・デメリットを比較してみます。

最終的に一番最適なプラン、見積りを提案いただいた会社を決めてみて下さい。

 

ウェブサイト制作の流れ・制作編

サイト

次に発注が決まり、「制作会社によるホームページを制作し、公開」までの流れになります。

実際の発注段階、制作段階の流れについて解説していきます。

 

サイト設計案を考える

制作会社では、まず最初に会議を行いサイトの設計案を考える工程から入ります。

いくつか制作会社から質問がある事も考えられます。

 

この時、希望を伝えておきましょう。

ホームページ全体の設計案は、大まかなコンセプトから図案化しますので、希望をきっちりと伝える事が大切。

制作会社と一緒に、設計案を整えていきましょう。

 

イメージをもとにデザイン化

ホームページを作成する設計案が仕上がったら、イメージをもとにデザイン化の作業に入ります。

この段階では、以下のコンセプトが重要になります。

  • ユーザーの疑問を解決するデザイン
  • 集客したユーザーにアプローチするデザイン
  • ホームページの使い勝手をデザイン

 

このようにそれぞれ異なったデザインを意識する必要があります。

ホームページに訪れたユーザーが満足するデザインを、デザイナーが実現して行く工程ですので、少しずつ仕上がるサイト制作をしっかり見守って行きましょう。

 

ウェブサイト開発

ホームページのデザインが決まったら、実際のウェブサイト開発に入ります。

主にプログラミングの仕事となりますので、制作会社にお任せしましょう。

この時、予約専用ページや決済ページ、動画を入れるなどシステム開発が必要なケースもあります。

この場合システムエンジニアが活躍しますので、制作会社から質問があった場合は答えるようにしましょう。

また、ドメインやサーバーの設定もこの時行われますので、希望のIDやパスワードも伝えておくとよいでしょう。

 

テスト・修正作業

プランニングの開発が終わったら、テストと修正作業になります。

プランニングの開発が終わったら、テストと修正作業になります。

この段階では、以下のチェックが重点的に行われます。

  • 文章が切れ目なく、誤字や脱字ないか
  • 画像や動画の著作権が守られているか
  • ユーザーが使い易いサイトになっているか

 

最近では特にスマートフォン向けのサイト制作も同時に行われるケースも多いため、こちらも合わせてテストされます。

トライアンドエラーの作業となりますので、制作会社と共同でホームページを完成させましょう。

 

実際の運用で行う事は?

ホームページが仕上がったら、宣伝媒体を利用しマーケティング活動を開始しましょう。

とくに検索サイトの上位に検索されるためのSEO対策や、SNSを活用しホームページを宣伝していきます。

また、実際にホームページを訪れたユーザーにメルマガなどでフォローも効果的。

さまざまなアプローチ方法を駆使し、ホームページを宣伝していきましょう。

 

関連:ホームページ制作会社の上手な選び方とは?ポイントで徹底解説

 

まとめ

今回は、ウェブサイト制作の流れを解説し、アイデア〜公開までの進め方をご紹介しました。

ホームページを制作する流れは、「発注」「制作」段階に分けられていましたね。

それぞれの流れを詳しく解説しましたので、ご理解頂けたかと思います。

実際にはホームページの規模や予算によって、流れが異なりますので、分からない事はお気軽に弊社に聞いてくださいね。

サイト制作の流れを把握し、独自のホームページを作り上げて行きましょう。

 

カジュアルミーティング