シングルページで目立つ、トップ画像のポイントとは?

  • 2021.12.13
  • シングルページトップ画像
  • デザイン

何かを調べたいと感じた時、あなたはまずどんな方法で調べますか?

本やパソコンではなく「スマホ」を使って調べる癖がついていると思います。

そのためスタートアップ企業では、シングルページを作る際スマホサイトで見られること想定して構成されているのです。

 

しかし構成の段階で問題点となるのが「トップ画像」。

トップ画像を工夫しなければ、スマホのユーザーは離れてしまうため伝えたいことを見てすらもらえない状況を生むのです。

 

今回は、数多くあるシングルページと差別化を取るために重要な「トップ画像」について解説していきます。

シングルページの紹介から解説していますので、「シングルページすらよくわからない」と考えているあなたもぜひ最後までご覧ください。

 

シングルページとは?

シングルページ

シングルページとは、1ページで完成する構成のWebサイトになります。企業にあるホームページなどが良い例なので確認しておきましょう。

企業のホームページは、Webページが複数なって構成されているのが特徴。

これに対してシングルページは1枚で情報を伝えるため、シンプルでわかりやすい見た目となっているのです。

 

画面で見た瞬間、画面中心で画面スクロールを行いながら情報を得られる構成には、インパクトがあるためユーザーに興味を持ってもらいやすくなります。

では次にシングルページのメリットについて話します。

 

シングルページのメリット

シングルページのメリットとは何でしょうか?メリットとしては、

  • 発信者側が与えたい情報だけを発信できる
  • 製作費を抑えることができる

などと以上のような項目が挙げられます。

 

ネットユーザーが多くの情報から選ぶのではなく、発信者が選んで伝えられるのです。

見てほしい順番に並べることで、発信者が伝えたいことだけを分かりやすく与えられることが可能となります。

 

そのため複数のページを使って伝えるホームページとは違い、製作費が抑えられます。

シングルページに需要がある理由、メリットを知ることで理解できましたか?

 

シングルページで重要なUX,UIについては「UIUXを学びたい!勉強方法やおすすめツール、スクールを紹介」で解説しています。

 

シングルページで映える、トップ画像のポイントまとめ

シングルページ,トップ

シングルページの良さを理解していただけましたか?シングルページの良さに気づくのはあなたひとりではありません。結果競合が出てくることにより差別化が始まるのです。

競合に負けないために。そして自社シングルページで映えるためにはどうしたら良いのでしょうか?

 

ここでは「シングルページで映える、トップ画像のポイント」について解説していきます。

 

1.ユーザーに「このページ求めていたもの」だと想像させること

トップ画像が果たす役割は、「求めている情報がここにはある」と思ってもらうことです。

訪問したユーザーの約半数が「最初に移ったもの」で離脱することは知っていましたか?

 

ユーザーは「誰に向けて?」「自分に合う内容?」「どんな悩みが解消される?」などを最初に移ったもので判断します。

現代において、内容に凝ったページで勝負することは避けた方が良いでしょう。

 

2.ユーザーの読みやすさを追求する

ユーザーが必要とする情報に誘導するためには、見やすさをこだわりましょう。

  • ページが重ければ読者は離れる
  • 文字が小さいと見づらい
  • 画像だけではよくわからない

などであなたもページを離脱した経験はありませんか?ちょっとした気遣いがユーザーの心を掴むことを覚えておきましょう。

 

上記の改善点としては

  • 読み込みを早める
  • 幅と高さが4:3の比率で画像を作成する
  • 画像だけでなく、キャッチコピーをイメージした文字を付ける

などで解決できます。

悩みに対して逆を考え、改善していきましょう。

 

3.ユーザーにまずは「知らせる」ことを意識する

最後に一番重要なことは「知らせる」です。

知らせなければ1.2番が100点の出来だとしても見てもらえません。ではどうしたら目立たせることができるのか?

体験やセミナーなどで「お得」とユーザーに想像させる画像にしてみましょう。

 

画像の中に「お得」と思ってもらえる情報を強調させることで、見込み客を増やすことが可能となります。セミナーやイベントに来るお客さんは、1度伝えたいことを信じて見に来ます。

 

ゆえに見込み客の質も高くなるため、以上の点を意識して画像を構成してみましょう。

 

なお、弊社picks designではランディングページも含め、デザイン力で結果の出す記事を作ることできるため、お気軽にご相談ください。

 

まとめ

トップ画像のポイントは把握できましたか?物を何か買う段階に似ていると思います。

例えばユニクロに行くとするとまずはモデルさんの看板を見ますよね?

そこには画像と同時に洋服の魅力を伝えていると思います。

 

この段階で「求めていた」と考えたお客さんは商品を手に取り、性能や質を知った後購入へと移ります。

シングルページも原理は似ているため、画像は大切だということが伝われば幸いです。

今後あなたが何か商品を買う時があれば、「買う動機は何だったのか?」を意識すると活かせるものがあるかもしれません。

 

なお、弊社ではビジネスをさらに加速させるデザインを作ることができます。

こちらの弊社サービスもご確認ください。

 

カジュアルミーティング
  • 2021.12.13
  • シングルページトップ画像
  • デザイン

何かを調べたいと感じた時、あなたはまずどんな方法で調べますか?

本やパソコンではなく「スマホ」を使って調べる癖がついていると思います。

そのためスタートアップ企業では、シングルページを作る際スマホサイトで見られること想定して構成されているのです。

 

しかし構成の段階で問題点となるのが「トップ画像」。

トップ画像を工夫しなければ、スマホのユーザーは離れてしまうため伝えたいことを見てすらもらえない状況を生むのです。

 

今回は、数多くあるシングルページと差別化を取るために重要な「トップ画像」について解説していきます。

シングルページの紹介から解説していますので、「シングルページすらよくわからない」と考えているあなたもぜひ最後までご覧ください。

 

シングルページとは?

シングルページ

シングルページとは、1ページで完成する構成のWebサイトになります。企業にあるホームページなどが良い例なので確認しておきましょう。

企業のホームページは、Webページが複数なって構成されているのが特徴。

これに対してシングルページは1枚で情報を伝えるため、シンプルでわかりやすい見た目となっているのです。

 

画面で見た瞬間、画面中心で画面スクロールを行いながら情報を得られる構成には、インパクトがあるためユーザーに興味を持ってもらいやすくなります。

では次にシングルページのメリットについて話します。

 

シングルページのメリット

シングルページのメリットとは何でしょうか?メリットとしては、

  • 発信者側が与えたい情報だけを発信できる
  • 製作費を抑えることができる

などと以上のような項目が挙げられます。

 

ネットユーザーが多くの情報から選ぶのではなく、発信者が選んで伝えられるのです。

見てほしい順番に並べることで、発信者が伝えたいことだけを分かりやすく与えられることが可能となります。

 

そのため複数のページを使って伝えるホームページとは違い、製作費が抑えられます。

シングルページに需要がある理由、メリットを知ることで理解できましたか?

 

シングルページで重要なUX,UIについては「UIUXを学びたい!勉強方法やおすすめツール、スクールを紹介」で解説しています。

 

シングルページで映える、トップ画像のポイントまとめ

シングルページ,トップ

シングルページの良さを理解していただけましたか?シングルページの良さに気づくのはあなたひとりではありません。結果競合が出てくることにより差別化が始まるのです。

競合に負けないために。そして自社シングルページで映えるためにはどうしたら良いのでしょうか?

 

ここでは「シングルページで映える、トップ画像のポイント」について解説していきます。

 

1.ユーザーに「このページ求めていたもの」だと想像させること

トップ画像が果たす役割は、「求めている情報がここにはある」と思ってもらうことです。

訪問したユーザーの約半数が「最初に移ったもの」で離脱することは知っていましたか?

 

ユーザーは「誰に向けて?」「自分に合う内容?」「どんな悩みが解消される?」などを最初に移ったもので判断します。

現代において、内容に凝ったページで勝負することは避けた方が良いでしょう。

 

2.ユーザーの読みやすさを追求する

ユーザーが必要とする情報に誘導するためには、見やすさをこだわりましょう。

  • ページが重ければ読者は離れる
  • 文字が小さいと見づらい
  • 画像だけではよくわからない

などであなたもページを離脱した経験はありませんか?ちょっとした気遣いがユーザーの心を掴むことを覚えておきましょう。

 

上記の改善点としては

  • 読み込みを早める
  • 幅と高さが4:3の比率で画像を作成する
  • 画像だけでなく、キャッチコピーをイメージした文字を付ける

などで解決できます。

悩みに対して逆を考え、改善していきましょう。

 

3.ユーザーにまずは「知らせる」ことを意識する

最後に一番重要なことは「知らせる」です。

知らせなければ1.2番が100点の出来だとしても見てもらえません。ではどうしたら目立たせることができるのか?

体験やセミナーなどで「お得」とユーザーに想像させる画像にしてみましょう。

 

画像の中に「お得」と思ってもらえる情報を強調させることで、見込み客を増やすことが可能となります。セミナーやイベントに来るお客さんは、1度伝えたいことを信じて見に来ます。

 

ゆえに見込み客の質も高くなるため、以上の点を意識して画像を構成してみましょう。

 

なお、弊社picks designではランディングページも含め、デザイン力で結果の出す記事を作ることできるため、お気軽にご相談ください。

 

まとめ

トップ画像のポイントは把握できましたか?物を何か買う段階に似ていると思います。

例えばユニクロに行くとするとまずはモデルさんの看板を見ますよね?

そこには画像と同時に洋服の魅力を伝えていると思います。

 

この段階で「求めていた」と考えたお客さんは商品を手に取り、性能や質を知った後購入へと移ります。

シングルページも原理は似ているため、画像は大切だということが伝われば幸いです。

今後あなたが何か商品を買う時があれば、「買う動機は何だったのか?」を意識すると活かせるものがあるかもしれません。

 

なお、弊社ではビジネスをさらに加速させるデザインを作ることができます。

こちらの弊社サービスもご確認ください。

 

カジュアルミーティング
  • 次の記事はありません