スタートアップにブランディングのデザインが必要な理由とは?

  • 2022.1.20
  • スタートアップブランディング
  • スタートアップ

スタートアップ,ブランディング

スタートアップを成功させるという目的にとってブランディングは重要な要素のひとつです。

そしてそのブランディングにとって今やデザインは必要不可欠。

ここではスタートアップにブランディングのデザインが必要な理由についてご紹介します。

 

ブランディングとは?

ブランディング

まずはブランディングについてご紹介しましょう。

ブランディングという言葉を聞いたことがあるという方は多いでしょうが、ブランディングをきちんと説明できる人は意外と少ないのではないでしょうか。

ブランディングとは、その名のとおり「ブランド」を形作るためのさまざまな活動のことを指します。

 

ブランドと聞いて真っ先に思い浮かぶのがシャネルやルイヴィトンなどに代表される高級ブランドの商品。

単にバッグが欲しいというだけなら、安くて使いやすいバッグはいくらでもあります。

しかし驚くほど高級なシャネルやルイヴィトンのバッグが売れるのはなぜでしょう?

それはユーザーがシャネルやルイヴィトンというブランドそのものに価値があると考えているからです。

 

ブランドとは商品やサービスを通じ、その企業に対してユーザーが持つ共通のイメージであり、形のないものといえます。つまりブランディングというのは、企業が自社の商品やサービスに対してユーザーに共通のイメージを認識させることなのです。

 

ブランディングを実施することにより、市場で確固たるポジションを確立できれば多くのユーザーを獲得できことは間違いありません。

 

ブランディングにデザインが必要な理由とは?

ブランディングとデザインの関係性というのは、ブランディングが目的でデザインはその目的を達成するための手段といった関係です。

ブランディングには、上述したように自社の商品やサービスをユーザーに共通のイメージで認識してもらい、企業価値を向上させるという目的があります。

そしてデザインは、企業価値を向上させるための手段。

 

ブランドとデザインという2つの言葉を聞くと、ついブランドのロゴデザインなどをイメージしがちです。

確かに上述したようなシャネルやルイヴィトンといったブランドには、シャネルやルイヴィトンといえばこれ、というようなシンボルマーク的なロゴデザインが存在します。

もちろんロゴデザインもブランディングにとって重要な要素のひとつです。

 

しかしブランディングにとって本当に必要なデザインというのは、ユーザーに共通のイメージを持って自社の商品やサービスを認識してもらい、企業価値を向上させること。

そこに至るまでの過程をデザインすることこそが、ブランディングにとって最も必要なデザインなのです。

 

関連:「売上を上げる効果的な方法は?顧客目線の優れた改善策を紹介

 

スタートアップ企業でブランディングのデザインに成功した事例

スタートアップ,ブランディング

ブランディングにデザインが必要だということは、お分かりいただけたかと思いますが説明だけではイメージしにくいものです。

ここでは具体的にスタートアップ企業でブランディングのデザインに成功した事例をご紹介しましょう。

 

最初にご紹介するのは、今やエナジードリンクの代表格ともいえる「レッドブル」です。

それまで「仕事に疲れたおじさんが飲むもの」というイメージの強かったエナジードリンクを若者にターゲットを絞って、ブランディングのデザインに成功しました。

レッドブルはCMでも商品に含まれている成分などは一切うたわず、うたわれているのは「翼をさずける」という応援メッセージのみ。

 

しかしこのメッセージが若者の心を掴み、昔からある一般的なエナジードリンクが150円前後なのに対して275円という高額な値段のレッドブルが若者の支持を集めています。

 

非日常を体験できるリゾートとして近年高い人気を誇っている「星野リゾート」もブランディングのデザインに成功した事例のひとつです。

星野リゾートのブランドコンセプトは、自分たちのこだわりをサービスとして提供するというホスピタリティ。

ホスピタリティというと、顧客が望むサービスを提供することと考えられがちです。

 

しかしその概念を覆し、自分たちのこだわりをサービスとして提供するという発想のもとブランディングのデザインに成功しました。

星野リゾートは、その土地ならではの非日常が体験できる場所として他の高級ホテルやリゾートのサービスとは一線を画しています。

レッドブルに星野リゾート、どちらもブランディングのデザインによってスタートアップ時に成功した事例です。

 

まとめ

今回はスタートアップにブランディングのデザインが必要な理由についてご紹介しました。

ご紹介したように、ブランディングをどうデザインするかがスタートアップの成功に繋がるといっても過言ではありません。

 

ブランドのロゴデザインももちろん大切ですが、どうやって企業価値を向上させるのかというその過程をデザインすることこそが、ブランディングにとっては重要。

そしてブランディングをデザインすることがスタートアップの成功に繋がるのです。

 

  • 2022.1.20
  • スタートアップブランディング
  • スタートアップ

スタートアップを成功させるという目的にとってブランディングは重要な要素のひとつです。

そしてそのブランディングにとって今やデザインは必要不可欠。

ここではスタートアップにブランディングのデザインが必要な理由についてご紹介します。

 

ブランディングとは?

ブランディング

まずはブランディングについてご紹介しましょう。

ブランディングという言葉を聞いたことがあるという方は多いでしょうが、ブランディングをきちんと説明できる人は意外と少ないのではないでしょうか。

ブランディングとは、その名のとおり「ブランド」を形作るためのさまざまな活動のことを指します。

 

ブランドと聞いて真っ先に思い浮かぶのがシャネルやルイヴィトンなどに代表される高級ブランドの商品。

単にバッグが欲しいというだけなら、安くて使いやすいバッグはいくらでもあります。

しかし驚くほど高級なシャネルやルイヴィトンのバッグが売れるのはなぜでしょう?

それはユーザーがシャネルやルイヴィトンというブランドそのものに価値があると考えているからです。

 

ブランドとは商品やサービスを通じ、その企業に対してユーザーが持つ共通のイメージであり、形のないものといえます。つまりブランディングというのは、企業が自社の商品やサービスに対してユーザーに共通のイメージを認識させることなのです。

 

ブランディングを実施することにより、市場で確固たるポジションを確立できれば多くのユーザーを獲得できことは間違いありません。

 

ブランディングにデザインが必要な理由とは?

ブランディングとデザインの関係性というのは、ブランディングが目的でデザインはその目的を達成するための手段といった関係です。

ブランディングには、上述したように自社の商品やサービスをユーザーに共通のイメージで認識してもらい、企業価値を向上させるという目的があります。

そしてデザインは、企業価値を向上させるための手段。

 

ブランドとデザインという2つの言葉を聞くと、ついブランドのロゴデザインなどをイメージしがちです。

確かに上述したようなシャネルやルイヴィトンといったブランドには、シャネルやルイヴィトンといえばこれ、というようなシンボルマーク的なロゴデザインが存在します。

もちろんロゴデザインもブランディングにとって重要な要素のひとつです。

 

しかしブランディングにとって本当に必要なデザインというのは、ユーザーに共通のイメージを持って自社の商品やサービスを認識してもらい、企業価値を向上させること。

そこに至るまでの過程をデザインすることこそが、ブランディングにとって最も必要なデザインなのです。

 

関連:「売上を上げる効果的な方法は?顧客目線の優れた改善策を紹介

 

スタートアップ企業でブランディングのデザインに成功した事例

スタートアップ,ブランディング

ブランディングにデザインが必要だということは、お分かりいただけたかと思いますが説明だけではイメージしにくいものです。

ここでは具体的にスタートアップ企業でブランディングのデザインに成功した事例をご紹介しましょう。

 

最初にご紹介するのは、今やエナジードリンクの代表格ともいえる「レッドブル」です。

それまで「仕事に疲れたおじさんが飲むもの」というイメージの強かったエナジードリンクを若者にターゲットを絞って、ブランディングのデザインに成功しました。

レッドブルはCMでも商品に含まれている成分などは一切うたわず、うたわれているのは「翼をさずける」という応援メッセージのみ。

 

しかしこのメッセージが若者の心を掴み、昔からある一般的なエナジードリンクが150円前後なのに対して275円という高額な値段のレッドブルが若者の支持を集めています。

 

非日常を体験できるリゾートとして近年高い人気を誇っている「星野リゾート」もブランディングのデザインに成功した事例のひとつです。

星野リゾートのブランドコンセプトは、自分たちのこだわりをサービスとして提供するというホスピタリティ。

ホスピタリティというと、顧客が望むサービスを提供することと考えられがちです。

 

しかしその概念を覆し、自分たちのこだわりをサービスとして提供するという発想のもとブランディングのデザインに成功しました。

星野リゾートは、その土地ならではの非日常が体験できる場所として他の高級ホテルやリゾートのサービスとは一線を画しています。

レッドブルに星野リゾート、どちらもブランディングのデザインによってスタートアップ時に成功した事例です。

 

まとめ

今回はスタートアップにブランディングのデザインが必要な理由についてご紹介しました。

ご紹介したように、ブランディングをどうデザインするかがスタートアップの成功に繋がるといっても過言ではありません。

 

ブランドのロゴデザインももちろん大切ですが、どうやって企業価値を向上させるのかというその過程をデザインすることこそが、ブランディングにとっては重要。

そしてブランディングをデザインすることがスタートアップの成功に繋がるのです。