スタートアップ企業がロゴデザインにこだわるべき3つの理由とは

  • 2021.12.30
  • スタートアップロゴ
  • スタートアップ

スタートアップ,ロゴ

企業やブランドのロゴを見ない日はないでしょう。

企業にとって重要なもののひとつがロゴです。特に、スタートアップ企業はロゴにこだわっている傾向にあります。

 

では、スタートアップ企業はなぜロゴにこだわるのでしょうか。

この記事では、ロゴを作るメリットやポイントについて言及しており、スタートアップ企業こそ作るべき理由について解説していきます。

 

スタートアップ企業とは

スタートアップ企業

スタートアップ企業とは、直訳でそのまま「始まったばかりの会社」ではありません。

スタートアップという言葉は、アメリカのシリコンバレーで使われ始めた言葉で、イノベーションを起して大きな成長を継続できる企業のことを指します。

例えば、GoogleやAmazon、Facebookなどがスタートアップと呼ばれる企業です。

 

ロゴとは

ロゴ

ロゴは、企業名や製品、サービスなどを印象付けるように、分かりやすく図案化や装飾化したものです。

視覚的なイメージを通じて、理念や内容、品質などを伝える機能を担っています。

 

ロゴと一言で言っても一般的には、ロゴタイプ、シンボルマーク、ロゴマークの3種類に分けられます。

ロゴには、見ただけで会社のビジョンや、商品、サービスが分かるブランディングという側面もあります。

 

ロゴがもたらすメリット

ではロゴを作ることのメリットは何があるのか確認していきましょう。

 

①:認知度を高める

スターバックスやマクドナルドのロゴは、みなさんもすぐに思い浮かぶと思います。

たくさんの企業の中で、選ばれる企業になるためには、ユーザーに知ってもらい、覚えてもらう必要があります。

人間は文字よりも画像や絵などの方が覚えやすい傾向にあると言われています。

 

つまり、ロゴがあることで企業名として覚えてもらえるのはもちろん、会社の特徴を表しているロゴを持つことで、商品や企業、サービスを自然とイメージしてもらえるきっかけにもなります。

 

②:会社を覚えてもらう

会社の名前やサービスを覚えてもらうだけならロゴを作る必要はないかもしれません。

しかし、ロゴがあることでブランド化され、製品やサービスの印象を伝えることが可能です。

 

このように、例えば似たような商品を購入する際、ロゴを見て「ここの商品だから買おう」と決めたことがあるのではないでしょうか。

もし社名を知らなかったとしても、見たことのあるロゴであれば購入する可能性が増加します。

そして、会社やサービスの特徴を表現している印象的なロゴは記憶に残り、広く知ってもらえるきっかけにもなります。

 

③:社員のモチベーションを向上させる

ロゴには、企業の理念やコンセプトが込められています。

ロゴがあることにより、企業の想いや目指す方向やあり方を社員と共有することができ、社員ひとりひとりの向かう方向が一致することも事業にとっては大切なことです。

 

特にスタートアップでは、「これから皆で協力して成功させよう」とモチベーションを高めることが出来ます。

例えば、企業ロゴが入った名刺を持ったり、ユニフォームを身に着けることにより、社員の結束も強くなるでしょう。

同じ目標に向かって、共に進んでいくという共通意識を持つためにも、ロゴは効果的です。

 

ロゴ制作のポイント

ポイント

ロゴ制作には3つのポイントがあります。

①企業イメージやアイデンティティに合った、オリジナリティでインパクトのあるロゴを作成することが大切です。

自社の目指しているビジョンは何か、何を体現したいのかなどを考えることが第一歩です。

 

②覚えてもらいやすいように、なるべくシンプルなデザインにすること。

例えば、JRのロゴを思い出してもらえればわかると思いますが、とてもシンプルです。

有名企業のロゴはシンプルなデザインがとても多いです。

複雑なデザインだと伝えたいことが分散してしまう可能性があるので、一目で見てわかりやすいデザインにすることが重要です。

 

③多くの場面で使用することを想定して制作しましょう。

ホームページやSNSの写真だけでなく、名刺やパンフレットなどに印刷されることも視野に入れて過度なエフェクトを使わないように気を付けましょう。

Web上ではうまく反映されていても印刷したら「思っていたのと違った」となる場合がありますので、注意が必要です。

 

まとめ

スタートアップは、ロゴの必要性を認識しているからロゴにこだわるのでしょう。

ここまででお話したように、ユーザーに知ってもらい、覚えてもらうためにも、ロゴは不可欠な存在であると言えるでしょう。

「ただなんとなく作って終わり」ではなく、企業ブランディングをしっかりと行って、企業の顔となるロゴを作成することが大切です。

 

また売上につながるロゴを作成したい場合はデザイン力ある弊社にお気軽にご相談ください。

 

カジュアルミーティング
  • 2021.12.30
  • スタートアップロゴ
  • スタートアップ

企業やブランドのロゴを見ない日はないでしょう。

企業にとって重要なもののひとつがロゴです。特に、スタートアップ企業はロゴにこだわっている傾向にあります。

 

では、スタートアップ企業はなぜロゴにこだわるのでしょうか。

この記事では、ロゴを作るメリットやポイントについて言及しており、スタートアップ企業こそ作るべき理由について解説していきます。

 

スタートアップ企業とは

スタートアップ企業

スタートアップ企業とは、直訳でそのまま「始まったばかりの会社」ではありません。

スタートアップという言葉は、アメリカのシリコンバレーで使われ始めた言葉で、イノベーションを起して大きな成長を継続できる企業のことを指します。

例えば、GoogleやAmazon、Facebookなどがスタートアップと呼ばれる企業です。

 

ロゴとは

ロゴ

ロゴは、企業名や製品、サービスなどを印象付けるように、分かりやすく図案化や装飾化したものです。

視覚的なイメージを通じて、理念や内容、品質などを伝える機能を担っています。

 

ロゴと一言で言っても一般的には、ロゴタイプ、シンボルマーク、ロゴマークの3種類に分けられます。

ロゴには、見ただけで会社のビジョンや、商品、サービスが分かるブランディングという側面もあります。

 

ロゴがもたらすメリット

ではロゴを作ることのメリットは何があるのか確認していきましょう。

 

①:認知度を高める

スターバックスやマクドナルドのロゴは、みなさんもすぐに思い浮かぶと思います。

たくさんの企業の中で、選ばれる企業になるためには、ユーザーに知ってもらい、覚えてもらう必要があります。

人間は文字よりも画像や絵などの方が覚えやすい傾向にあると言われています。

 

つまり、ロゴがあることで企業名として覚えてもらえるのはもちろん、会社の特徴を表しているロゴを持つことで、商品や企業、サービスを自然とイメージしてもらえるきっかけにもなります。

 

②:会社を覚えてもらう

会社の名前やサービスを覚えてもらうだけならロゴを作る必要はないかもしれません。

しかし、ロゴがあることでブランド化され、製品やサービスの印象を伝えることが可能です。

 

このように、例えば似たような商品を購入する際、ロゴを見て「ここの商品だから買おう」と決めたことがあるのではないでしょうか。

もし社名を知らなかったとしても、見たことのあるロゴであれば購入する可能性が増加します。

そして、会社やサービスの特徴を表現している印象的なロゴは記憶に残り、広く知ってもらえるきっかけにもなります。

 

③:社員のモチベーションを向上させる

ロゴには、企業の理念やコンセプトが込められています。

ロゴがあることにより、企業の想いや目指す方向やあり方を社員と共有することができ、社員ひとりひとりの向かう方向が一致することも事業にとっては大切なことです。

 

特にスタートアップでは、「これから皆で協力して成功させよう」とモチベーションを高めることが出来ます。

例えば、企業ロゴが入った名刺を持ったり、ユニフォームを身に着けることにより、社員の結束も強くなるでしょう。

同じ目標に向かって、共に進んでいくという共通意識を持つためにも、ロゴは効果的です。

 

ロゴ制作のポイント

ポイント

ロゴ制作には3つのポイントがあります。

①企業イメージやアイデンティティに合った、オリジナリティでインパクトのあるロゴを作成することが大切です。

自社の目指しているビジョンは何か、何を体現したいのかなどを考えることが第一歩です。

 

②覚えてもらいやすいように、なるべくシンプルなデザインにすること。

例えば、JRのロゴを思い出してもらえればわかると思いますが、とてもシンプルです。

有名企業のロゴはシンプルなデザインがとても多いです。

複雑なデザインだと伝えたいことが分散してしまう可能性があるので、一目で見てわかりやすいデザインにすることが重要です。

 

③多くの場面で使用することを想定して制作しましょう。

ホームページやSNSの写真だけでなく、名刺やパンフレットなどに印刷されることも視野に入れて過度なエフェクトを使わないように気を付けましょう。

Web上ではうまく反映されていても印刷したら「思っていたのと違った」となる場合がありますので、注意が必要です。

 

まとめ

スタートアップは、ロゴの必要性を認識しているからロゴにこだわるのでしょう。

ここまででお話したように、ユーザーに知ってもらい、覚えてもらうためにも、ロゴは不可欠な存在であると言えるでしょう。

「ただなんとなく作って終わり」ではなく、企業ブランディングをしっかりと行って、企業の顔となるロゴを作成することが大切です。

 

また売上につながるロゴを作成したい場合はデザイン力ある弊社にお気軽にご相談ください。

 

カジュアルミーティング