UGCとは何か?今注目のマーケティング戦略と重要性を解説

  • 2022.11.9
  • UGC
  • デザイン

UGC

企業が今注目する新たなマーケティング手法にUGCがあります。

消費者が商品やサービスを選ぶ際の基準は日々変化していますが、UGCは今後のマーケティング戦略にどのような影響をもたらすのでしょうか?

本記事ではUGCの意味や重要性について解説していきます。

 

UGCとは何か?

UGC

UGCとは「一般のユーザー主導で生まれたコンテンツ」を意味します。

おもに「User Generated Content」を略したもので、従来の一般企業により商品・サービスを提供するコンテンツではなく、ユーザーが中心となって生まれたコンテンツとなります。

UGCの一例としてTwitter、Instagramなど個人SNSによる投稿や、ブログなどユーザーから情報発信されるコンテンツが該当します。

 

身近なUGCの事例

私達が普段何気なく調べものをする際に利用するコンテンツは、UGCであることが多いことをご存知でしょうか?

UGCの事例

  • 服・アクセサリーを探す : Instagramの投稿
  • 飲食店を探す : 食べログ・ヒトサラのレビュー
  • 転職作を探す : 転職サイトの投稿
  • ゲームソフトなど : Amazonの口コミ
  • 化粧品を探す : Lipsの投稿
  • 旅行先を探すとき : トリップアドバイザーの口コミ
  • ブランドを選ぶとき : ブログのレビュー記事
  • フェス・イベント情報 : Twitterの拡散情報など

これらの情報はすべてUGCから成り立っています。

商品やサービスを購入する際や、情報収集する際にUGCを参考にする機会は多いと言えるでしょう。

 

CGMとの違いとは

UGCと似た意味をもつ「CGM」との違いを確認しておきましょう。

CHMとは「Consumer Generated Media」を略した用語で、こちらはユーザーの意見により生まれる「メディア」を意味します。

おもにYahoo!知恵袋や掲示板、食べログなどのアプリそのものをメディアと総称しています。

 

UGCマーケティングが重要視される理由

UGCが重要視される理由とはどのようなものなのでしょう?

最近では爆発的に増えた情報により、ユーザーが感じる「価値のある情報」を得ることが難しくなって来ているといわれています。

こうした状況の中、UGCマーケティングが重視される理由を解説していきます。

 

ユーザー主導のコンテンツが主流に

最近のデジタルマーケティングでは、各企業が競うように広告やコンテンツを配信する傾向にあります。

例えばGoogleではSEOを基準としたルール変更は頻繁に行われ、検索順位が入れ替わるケースも多くあります。

Facebookではエッジランクと呼ばれる独自のシステムにより、有料広告によるリーチ獲得が優先されるようになりました。

 

また、検索サイトで出稿するリスティング広告では上位表示させるための入札競争は激しく、価格は高騰しています。

こうした企業間の競争を有利に進める意味でも、UGCをマーケティングに取り入れる流れが加速している状況となっています。

 

ソーシャルメディアが産む価値観

UGCはもともとは掲示板などに投稿する口コミやレビューが主流でしたが、SNSの持つ機能からUGCが盛んに用いられるようになりました。

個別のページを調べに行く必要のあった掲示板などと異なり、SNSではアプリ内でフォロワーが検索し、拡散することでより多くのユーザーに伝わる仕組みが生まれています。

このため多くのユーザーに支持される「インフルエンサー」が発信する情報をフォロワーが拡散し、商品やサービスの購入に繋がるリーチを獲得する流れが主流になっています。

ソーシャルメディアを活用したUGCは、マーケティングに於いても新たな価値観を提供する場となりつつあると言えるでしょう。

 

UGCの特性

UGC

従来の企業広告によるマーケティングとは異なり、UGCではSNS上でユーザー同士の伝達からアテンションを獲得できる特性が生まれています。

UGCを投稿したユーザーのコメントやレビューなどを参考に、購買などの行動に繋がる流れが主流となって来ています。

実際に商品やサービスを購入したユーザーは、新たなUGCを投稿し他のフォロワーが影響を受ける「広告を介しない」消費行動が生まれてきています。

 

ユーザーによる信頼感

企業が仕掛けるマーケティングによるキャッチコピーではなく、自分の価値観に近い人からの投稿の方が影響を受けやすい事が分かっています。

このため身近に感じるユーザーが発信するグルメや旅行、ファッションなどの情報がユーザーによる信頼感に繋がっていると言えるでしょう。

 

アイデアや企画の実現

ユーザー同士の投稿で構成されるUGCでは、企業側のアプローチでは考えられなかったアイデアや企画が実現するケースも出て来ています。

しかしUGCはもともとまとまった企業団体ではないため、企業がイベントや商品の主旨を立案し、アイデアや企画をユーザーとのコミュニケーションで作り上げることは可能です。

 

マーケティングで活かすコツ

SNSをもとにUGCが生まれる流れが中心となれば、広告を基本とした従来のビジネスに比べ費用対効果の高いマーケティングが可能となります。

また、UGCをもとに商品やサービスの改善を行い積極的に対応することで、結果として競争力を高める事にも繋がるでしょう。

ユーザーを意識したUGCマーケティング活動が、今後さらに活発化される事が予想されます。

 

UXデザインとは何か?ビジネスにおいての重要性も解説

 

まとめ

UGCの意味や重要性について解説しました。 普段私達が使用するSNSやコンテンツを通じてUGCは形成されて行きます。

ユーザーが求める「価値のある情報」をもとに新たなマーケティングに取り組んでいきましょう。

 

カジュアルミーティング
  • 2022.11.9
  • UGC
  • デザイン

企業が今注目する新たなマーケティング手法にUGCがあります。

消費者が商品やサービスを選ぶ際の基準は日々変化していますが、UGCは今後のマーケティング戦略にどのような影響をもたらすのでしょうか?

本記事ではUGCの意味や重要性について解説していきます。

 

UGCとは何か?

UGC

UGCとは「一般のユーザー主導で生まれたコンテンツ」を意味します。

おもに「User Generated Content」を略したもので、従来の一般企業により商品・サービスを提供するコンテンツではなく、ユーザーが中心となって生まれたコンテンツとなります。

UGCの一例としてTwitter、Instagramなど個人SNSによる投稿や、ブログなどユーザーから情報発信されるコンテンツが該当します。

 

身近なUGCの事例

私達が普段何気なく調べものをする際に利用するコンテンツは、UGCであることが多いことをご存知でしょうか?

UGCの事例

  • 服・アクセサリーを探す : Instagramの投稿
  • 飲食店を探す : 食べログ・ヒトサラのレビュー
  • 転職作を探す : 転職サイトの投稿
  • ゲームソフトなど : Amazonの口コミ
  • 化粧品を探す : Lipsの投稿
  • 旅行先を探すとき : トリップアドバイザーの口コミ
  • ブランドを選ぶとき : ブログのレビュー記事
  • フェス・イベント情報 : Twitterの拡散情報など

これらの情報はすべてUGCから成り立っています。

商品やサービスを購入する際や、情報収集する際にUGCを参考にする機会は多いと言えるでしょう。

 

CGMとの違いとは

UGCと似た意味をもつ「CGM」との違いを確認しておきましょう。

CHMとは「Consumer Generated Media」を略した用語で、こちらはユーザーの意見により生まれる「メディア」を意味します。

おもにYahoo!知恵袋や掲示板、食べログなどのアプリそのものをメディアと総称しています。

 

UGCマーケティングが重要視される理由

UGCが重要視される理由とはどのようなものなのでしょう?

最近では爆発的に増えた情報により、ユーザーが感じる「価値のある情報」を得ることが難しくなって来ているといわれています。

こうした状況の中、UGCマーケティングが重視される理由を解説していきます。

 

ユーザー主導のコンテンツが主流に

最近のデジタルマーケティングでは、各企業が競うように広告やコンテンツを配信する傾向にあります。

例えばGoogleではSEOを基準としたルール変更は頻繁に行われ、検索順位が入れ替わるケースも多くあります。

Facebookではエッジランクと呼ばれる独自のシステムにより、有料広告によるリーチ獲得が優先されるようになりました。

 

また、検索サイトで出稿するリスティング広告では上位表示させるための入札競争は激しく、価格は高騰しています。

こうした企業間の競争を有利に進める意味でも、UGCをマーケティングに取り入れる流れが加速している状況となっています。

 

ソーシャルメディアが産む価値観

UGCはもともとは掲示板などに投稿する口コミやレビューが主流でしたが、SNSの持つ機能からUGCが盛んに用いられるようになりました。

個別のページを調べに行く必要のあった掲示板などと異なり、SNSではアプリ内でフォロワーが検索し、拡散することでより多くのユーザーに伝わる仕組みが生まれています。

このため多くのユーザーに支持される「インフルエンサー」が発信する情報をフォロワーが拡散し、商品やサービスの購入に繋がるリーチを獲得する流れが主流になっています。

ソーシャルメディアを活用したUGCは、マーケティングに於いても新たな価値観を提供する場となりつつあると言えるでしょう。

 

UGCの特性

UGC

従来の企業広告によるマーケティングとは異なり、UGCではSNS上でユーザー同士の伝達からアテンションを獲得できる特性が生まれています。

UGCを投稿したユーザーのコメントやレビューなどを参考に、購買などの行動に繋がる流れが主流となって来ています。

実際に商品やサービスを購入したユーザーは、新たなUGCを投稿し他のフォロワーが影響を受ける「広告を介しない」消費行動が生まれてきています。

 

ユーザーによる信頼感

企業が仕掛けるマーケティングによるキャッチコピーではなく、自分の価値観に近い人からの投稿の方が影響を受けやすい事が分かっています。

このため身近に感じるユーザーが発信するグルメや旅行、ファッションなどの情報がユーザーによる信頼感に繋がっていると言えるでしょう。

 

アイデアや企画の実現

ユーザー同士の投稿で構成されるUGCでは、企業側のアプローチでは考えられなかったアイデアや企画が実現するケースも出て来ています。

しかしUGCはもともとまとまった企業団体ではないため、企業がイベントや商品の主旨を立案し、アイデアや企画をユーザーとのコミュニケーションで作り上げることは可能です。

 

マーケティングで活かすコツ

SNSをもとにUGCが生まれる流れが中心となれば、広告を基本とした従来のビジネスに比べ費用対効果の高いマーケティングが可能となります。

また、UGCをもとに商品やサービスの改善を行い積極的に対応することで、結果として競争力を高める事にも繋がるでしょう。

ユーザーを意識したUGCマーケティング活動が、今後さらに活発化される事が予想されます。

 

UXデザインとは何か?ビジネスにおいての重要性も解説

 

まとめ

UGCの意味や重要性について解説しました。 普段私達が使用するSNSやコンテンツを通じてUGCは形成されて行きます。

ユーザーが求める「価値のある情報」をもとに新たなマーケティングに取り組んでいきましょう。

 

カジュアルミーティング