CSSがウェブデザインに欠かせない理由とは?特徴や注意点を徹底解説!

  • 2022.7.11
  • CSS
  • デザイン

ウェブデザイン

最近のウェブサイトではページのレイアウトの調整や装飾を施す際、CSSと呼ばれる「スタイルシート」が使用されています。

CSSはウェブ上のデザイン・装飾全般を手掛けるコードで非常に重要な言語といえるでしょう。

そこで本記事では、CSSがウェブデザインに欠かせない理由や特徴について解説します。

 

CSSがデザインに欠かせない理由は?

CSS

CSSがウェブデザインに欠かせない理由とはどのようなものでしょう?

まずはCSSがどのような言語かをご紹介します。

CSSとはCascading Style Sheets(カスケーディング・スタイル・シート)を略した名称です。

CSSはおもにHTMLで構成されたウェブページの色や装飾などのデザインを整える目的で開発された言語で、一般的には「スタイルシート」と呼ばれ親しまれています。

CSSではテキスト形式でプログラムを実行し、さまざまなウェブデザインを手掛ける事が可能になります。

 

CSSならではのデザイン特性

CSSがウェブデザインに欠かせない理由とはどのようなものでしょう?

いくつかの理由をご紹介していきます。

 

  • HTMLのデメリットをフォロー

仮にCSSを使用せずHTMLのみでプログラムを組んだ場合、文字と画像が並ぶだけの単調なウェブサイトになります。

一方CSSを組み合わせたウェブサイトでは、文字の装飾やレイアウトを整えるなどデザインが整ったサイト表示が可能に。

ウェブを見やすく読みやすい表示に変える、CSSならではの特徴といえるでしょう。

 

  • CSSがウェブデザインを変える

ウェブを表示する際に使用される「ウェブブラウザ」との関係性についても考慮する必要があります。

実はHTMLにも文書のレイアウトやページのデザインをある程度装飾する機能はありました。

しかしHTMLで装飾を行う場合コードが複雑化してしまい、検索エンジンにどのようなサイトか分かり難くなる可能性があります。

このためサイトデザインを専門に行う言語として、スタイルシートを使用する流れが主流となりました。

現在ではCSSがウェブデザインを変える言語として一般化しています。

 

HTMLとCSS

ウェブサイトのデザインを調整する目的でCSSを使用することで、HTMLとCSSではそれぞれの役割りがはっきりと分かれることになりました。

 

  • HTMLの目的

ウェブサイトでのHTMLの目的は、文書の構造や画像を言語で表記し「どのようなサイトか」を定義することです。

サイトを定義することをマークアップと呼び、検索サイトやコンピュータに判別しやすく構成する必要があります。

 

  • CSSの目的

CSSでは、ウェブブラウザに表示する際「どのような見た目で表示するか」を記述していきます。

このようにCSSはブラウザ表示のデザインを目的として使用されています。

HTMLと役割りを分けることで、それぞれの目的に沿ったコードを作る事が可能になります。

 

CSSデザインの特徴は?

CSSデザインは具体的にどのような特徴があるのでしょうか?

現在CSSを使用しデザイン出来ることは以下の内容です。

  • ウェブサイトを表示する際のデザイン(装飾全般)
  • 文書レイアウト、フォントサイズの調整
  • アニメーションなどの動画表示

また、使用するウェブブラウザに合わせた表示を行う「レスポンシブWeb」と呼ばれる技術にもCSSが基礎となる言語が使用されています。

CSSのそれぞれの機能について詳しく見ていきましょう。

 

ウェブ装飾をCSSで行う

CSSで可能なデザイン変更の代表的な内容は以下になります。

  • 文書の文字色の変更や太字への変換
  • ウェブで使用するボタン色の変更
  • 背景色の変更

このようにウェブサイトのデザインを決める重要な機能はCSSで設定することが可能です。

 

アニメーションデザインもCSSで

最近ではウェブサイトにアニメーションのデザインもCSSで行うことが可能になっています。

PCではカーソルをかざすだけでボタンの大きささが変化するアニメーションもウェブの導線を分かりやすく演出。

スマホでもタップを促すボタンが色取りどりに変化するなど楽しい演出をアニメーションでデザインすることができます。

 

CSSデザイン上の注意点

CSS

CSSでデザインを行う上で注意すべき点とはどのようなものでしょうか?

ここではいくつかのコツをご紹介していきます。

 

記述漏れに気を付ける

CSSでデザインコードを打ち込む際、記述漏れに気を付ける必要があります。

例えば数値など値を指定した前後には「波括弧{}」を入れるのですが、どちらかが足りないだけで表示されないケースもあります。

また、プロパティと値の間には「:」(コロン)や「;」(セミコロン)を使用し分かりやすくすることも大切。

いずれも記述漏れに充分注意しましょう。

 

全角を使用しない

CSSをはじめ、ウェブを構成するコードは基本すべて半角が基本。

このため全角文字・全角スペースを使用するとCSSのデザインが狂ってしまう可能性があります。

このようにCSSデザインを作成する上で必要となるコードの記述時に注意すべき点をご紹介しました。

CSSコードを使用する際は、コードエディタと呼ばれるソフトを使用することでミスを防ぐことができます。

市販のソフトを試し、自分に合うコードエディタを是非探してみましょう。

 

httpとhttpsの違いは?注意すべき点や安全性を解説

 

まとめ

今回はCSSがウェブデザインに欠かせない理由や特徴について解説しました。

CSSはHTMLと組み合わせることで、ウェブデザイン全般を手掛ける事が出来る事をご紹介しました。

また、デザインに特化したコードを扱うことで、サイト設計に欠かせないコードとして存在している事がご理解頂けたかと思います。

CSSで、ウェブデザインに是非磨きをかけていきましょう。

 

カジュアルミーティング
  • 2022.7.11
  • CSS
  • デザイン

最近のウェブサイトではページのレイアウトの調整や装飾を施す際、CSSと呼ばれる「スタイルシート」が使用されています。

CSSはウェブ上のデザイン・装飾全般を手掛けるコードで非常に重要な言語といえるでしょう。

そこで本記事では、CSSがウェブデザインに欠かせない理由や特徴について解説します。

 

CSSがデザインに欠かせない理由は?

CSS

CSSがウェブデザインに欠かせない理由とはどのようなものでしょう?

まずはCSSがどのような言語かをご紹介します。

CSSとはCascading Style Sheets(カスケーディング・スタイル・シート)を略した名称です。

CSSはおもにHTMLで構成されたウェブページの色や装飾などのデザインを整える目的で開発された言語で、一般的には「スタイルシート」と呼ばれ親しまれています。

CSSではテキスト形式でプログラムを実行し、さまざまなウェブデザインを手掛ける事が可能になります。

 

CSSならではのデザイン特性

CSSがウェブデザインに欠かせない理由とはどのようなものでしょう?

いくつかの理由をご紹介していきます。

 

  • HTMLのデメリットをフォロー

仮にCSSを使用せずHTMLのみでプログラムを組んだ場合、文字と画像が並ぶだけの単調なウェブサイトになります。

一方CSSを組み合わせたウェブサイトでは、文字の装飾やレイアウトを整えるなどデザインが整ったサイト表示が可能に。

ウェブを見やすく読みやすい表示に変える、CSSならではの特徴といえるでしょう。

 

  • CSSがウェブデザインを変える

ウェブを表示する際に使用される「ウェブブラウザ」との関係性についても考慮する必要があります。

実はHTMLにも文書のレイアウトやページのデザインをある程度装飾する機能はありました。

しかしHTMLで装飾を行う場合コードが複雑化してしまい、検索エンジンにどのようなサイトか分かり難くなる可能性があります。

このためサイトデザインを専門に行う言語として、スタイルシートを使用する流れが主流となりました。

現在ではCSSがウェブデザインを変える言語として一般化しています。

 

HTMLとCSS

ウェブサイトのデザインを調整する目的でCSSを使用することで、HTMLとCSSではそれぞれの役割りがはっきりと分かれることになりました。

 

  • HTMLの目的

ウェブサイトでのHTMLの目的は、文書の構造や画像を言語で表記し「どのようなサイトか」を定義することです。

サイトを定義することをマークアップと呼び、検索サイトやコンピュータに判別しやすく構成する必要があります。

 

  • CSSの目的

CSSでは、ウェブブラウザに表示する際「どのような見た目で表示するか」を記述していきます。

このようにCSSはブラウザ表示のデザインを目的として使用されています。

HTMLと役割りを分けることで、それぞれの目的に沿ったコードを作る事が可能になります。

 

CSSデザインの特徴は?

CSSデザインは具体的にどのような特徴があるのでしょうか?

現在CSSを使用しデザイン出来ることは以下の内容です。

  • ウェブサイトを表示する際のデザイン(装飾全般)
  • 文書レイアウト、フォントサイズの調整
  • アニメーションなどの動画表示

また、使用するウェブブラウザに合わせた表示を行う「レスポンシブWeb」と呼ばれる技術にもCSSが基礎となる言語が使用されています。

CSSのそれぞれの機能について詳しく見ていきましょう。

 

ウェブ装飾をCSSで行う

CSSで可能なデザイン変更の代表的な内容は以下になります。

  • 文書の文字色の変更や太字への変換
  • ウェブで使用するボタン色の変更
  • 背景色の変更

このようにウェブサイトのデザインを決める重要な機能はCSSで設定することが可能です。

 

アニメーションデザインもCSSで

最近ではウェブサイトにアニメーションのデザインもCSSで行うことが可能になっています。

PCではカーソルをかざすだけでボタンの大きささが変化するアニメーションもウェブの導線を分かりやすく演出。

スマホでもタップを促すボタンが色取りどりに変化するなど楽しい演出をアニメーションでデザインすることができます。

 

CSSデザイン上の注意点

CSS

CSSでデザインを行う上で注意すべき点とはどのようなものでしょうか?

ここではいくつかのコツをご紹介していきます。

 

記述漏れに気を付ける

CSSでデザインコードを打ち込む際、記述漏れに気を付ける必要があります。

例えば数値など値を指定した前後には「波括弧{}」を入れるのですが、どちらかが足りないだけで表示されないケースもあります。

また、プロパティと値の間には「:」(コロン)や「;」(セミコロン)を使用し分かりやすくすることも大切。

いずれも記述漏れに充分注意しましょう。

 

全角を使用しない

CSSをはじめ、ウェブを構成するコードは基本すべて半角が基本。

このため全角文字・全角スペースを使用するとCSSのデザインが狂ってしまう可能性があります。

このようにCSSデザインを作成する上で必要となるコードの記述時に注意すべき点をご紹介しました。

CSSコードを使用する際は、コードエディタと呼ばれるソフトを使用することでミスを防ぐことができます。

市販のソフトを試し、自分に合うコードエディタを是非探してみましょう。

 

httpとhttpsの違いは?注意すべき点や安全性を解説

 

まとめ

今回はCSSがウェブデザインに欠かせない理由や特徴について解説しました。

CSSはHTMLと組み合わせることで、ウェブデザイン全般を手掛ける事が出来る事をご紹介しました。

また、デザインに特化したコードを扱うことで、サイト設計に欠かせないコードとして存在している事がご理解頂けたかと思います。

CSSで、ウェブデザインに是非磨きをかけていきましょう。

 

カジュアルミーティング