失敗を避けよう!ホームページを依頼するときの注意点

  • 2022.3.1
  • ホームページ注意点
  • デザイン

ホームページ

ホームページ制作を依頼しようと考えたとき、どのようなポイントを抑えたらいいかわからない方も多いのではないでしょうか?

最近は制作会社だけでなく、フリーランスのWebデザイナーに依頼するという選択肢もあるため、より迷ってしまいますよね。

そこで今回は、失敗を避けよう!ホームページを依頼するときの注意点を解説していきます。 ぜひ最後までご覧ください。

 

ホームページ依頼はどこにすべき?

ホームページ

フリーランス・個人デザイナー

フリーランス・個人デザイナーに依頼する料金は、おおよそ10万~50万円程度が相場になります。

制作会社に依頼するよりも、フリーランスや個人のデザイナーに依頼した方が、費用は安く済む傾向にあります。

 

実際フリーランスの場合は、自宅やシェアオフィス等で作業をしていることが多く、人件費や設備などの固定費も少なく済むため、依頼料を相場より低めに設定しているケースが多いです。

また、少人数で作業をしているフリーランスは 窓口から制作までを1人で担当していることが多いため、新しいアイデアが出た時に社内で検討しなければならない制作会社より、スピーディなコミュニケーションが叶います。

 

しかし、フリーランスの場合は安定性がないというのが大きなリスクです。

依頼していた制作者が病気や怪我などで作業が進められなくなった場合、納期に間に合わなかったり、納品できないというケースも考えられます。

最悪の場合、制作の最中に音信不通になって仕事を放棄されることがあるのも事実です。

よほど信頼できる相手でないと、フリーランスのデザイナーに大きな仕事を任せるのには不安が残りますよね。

過去の実績などを確認し、怪しい点はないかしっかりと確認してから依頼をすると良いでしょう。

 

ホームページ制作会社

制作会社に依頼する料金は、おおよそ30万円〜100万円程度が相場になります。

競合調査などマーケティング調査まで行う場合には、かなり大規模な作業になりますが、それを安心してお願いできるのが制作会社の良い点でしょう。

多くのスタッフを雇用し、可能な限り顧客の要望に応えられるように常に万全の準備をしているのが、制作会社の強みです。

集客やブランディングにおいて高い目標がある場合は、制作会社に依頼するのがベストでしょう。

 

しかし、高品質な成果物を目指している分、設備やソフトに資金をかけているため、費用はそれなりにかかる場合が多いです。

組織体制になっているため、少しの更新や修正に別途料金がかかることも珍しくはありません。

そして、高品質なホームページを作成したとしても、必ず集客できるとは限らないのは考慮すべき点でしょう。

フリーランスと制作会社、どちらも良い点と悪い点があるため、自社のニーズに合ったホームページ制作の業者を見つけましょう。

 

ホームページ依頼前の準備

制作を依頼する前に、次の3つのポイントを整理しておきましょう。

 

1.要望、現状の課題

ホームページに関する要望、現状の課題に優先度を付けて伝えられるようにしましょう。

多くの要望や課題を実現しようとすると、費用は膨大になりがちなため、各要望・課題ごとに優先度を付けると、より予算に合った提案を受けやすくなります。

 

2.希望の納期

依頼された側は、ホームページの制作を検討し始めた段階で、完成させるまでの日取りを決める必要があります。

そのため、依頼する際は希望の納期を明確に決めておきましょう。

 

3.予算の上限

依頼の相場は何となく理解していても、費用を明確に算定するのは大変難しいことです。

そこで、決めた1つの業者だけに絞るのではなく、複数の業者に見積り依頼をして費用の比較を行いましょう。

 

ホームページ依頼するときの注意点4つ

ホームページ

1.トータル費用を明示してくれるか

ホームページの制作は、上記でも解説したように、別途更新や修正に料金がかかりやすい傾向にあるため、制作前にトータル費用を明示してくれる業者は安心だといえます。

 

2.ホームページの目的などを把握してくれるか

目的やターゲット、売り込みたい商品を明確に把握してくれる業者は、やり取りがスムーズに進みやすく、こちらの希望に沿った効果的なホームページを作ってくれます。

「こういう業界だから、デザインはこう」とテンプレートに当てはめるような制作を行うような会社よりかは、こちらの目的に沿ったこだわりのある制作をしてもらいたいですよね。目的やターゲット、売り込みたい商品などを把握して、それを制作に反映してくれる業者に依頼しましょう。

 

3.スマホ対応があらかじめ入っているか

パソコンより、圧倒的にスマートフォンでのインターネット接続が増えている昨今。 そのため、ホームページにもスマホ対応はデフォルトで必要になってきます。スマホ対応をデフォルトでしていないような業者に依頼をしても、少し時代遅れのホームページが成果物として上がってくる可能性があります。

 

4.ホームページ・サーバー・ドメインの所有権が依頼主にあるか

ホームページやサーバー、ドメインの所有権を依頼主に渡さないという対応を取る業者が時折います。

そういった業者は制作後にトラブルに発展することが多いので、避けておくのがベストでしょう。

これらの所有権については、契約書を隅々まで読んで確認しましょう。

詳しい表記がない場合は、書き直しをしてもらいましょう。

業者に確認して、それでも明確な回答が得られない場合は、その業者との契約は断るべきでしょう。

 

関連:ホームページ制作会社の上手な選び方とは?ポイントで徹底解説

 

終わりに

今回は、失敗を避けよう!ホームページを依頼するときの注意点を解説していきました。

この記事が、Web担当者の方の参考になればと思います。 最後までご覧頂きありがとうございました。

 

カジュアルミーティング
  • 2022.3.1
  • ホームページ注意点
  • デザイン

ホームページ制作を依頼しようと考えたとき、どのようなポイントを抑えたらいいかわからない方も多いのではないでしょうか?

最近は制作会社だけでなく、フリーランスのWebデザイナーに依頼するという選択肢もあるため、より迷ってしまいますよね。

そこで今回は、失敗を避けよう!ホームページを依頼するときの注意点を解説していきます。 ぜひ最後までご覧ください。

 

ホームページ依頼はどこにすべき?

ホームページ

フリーランス・個人デザイナー

フリーランス・個人デザイナーに依頼する料金は、おおよそ10万~50万円程度が相場になります。

制作会社に依頼するよりも、フリーランスや個人のデザイナーに依頼した方が、費用は安く済む傾向にあります。

 

実際フリーランスの場合は、自宅やシェアオフィス等で作業をしていることが多く、人件費や設備などの固定費も少なく済むため、依頼料を相場より低めに設定しているケースが多いです。

また、少人数で作業をしているフリーランスは 窓口から制作までを1人で担当していることが多いため、新しいアイデアが出た時に社内で検討しなければならない制作会社より、スピーディなコミュニケーションが叶います。

 

しかし、フリーランスの場合は安定性がないというのが大きなリスクです。

依頼していた制作者が病気や怪我などで作業が進められなくなった場合、納期に間に合わなかったり、納品できないというケースも考えられます。

最悪の場合、制作の最中に音信不通になって仕事を放棄されることがあるのも事実です。

よほど信頼できる相手でないと、フリーランスのデザイナーに大きな仕事を任せるのには不安が残りますよね。

過去の実績などを確認し、怪しい点はないかしっかりと確認してから依頼をすると良いでしょう。

 

ホームページ制作会社

制作会社に依頼する料金は、おおよそ30万円〜100万円程度が相場になります。

競合調査などマーケティング調査まで行う場合には、かなり大規模な作業になりますが、それを安心してお願いできるのが制作会社の良い点でしょう。

多くのスタッフを雇用し、可能な限り顧客の要望に応えられるように常に万全の準備をしているのが、制作会社の強みです。

集客やブランディングにおいて高い目標がある場合は、制作会社に依頼するのがベストでしょう。

 

しかし、高品質な成果物を目指している分、設備やソフトに資金をかけているため、費用はそれなりにかかる場合が多いです。

組織体制になっているため、少しの更新や修正に別途料金がかかることも珍しくはありません。

そして、高品質なホームページを作成したとしても、必ず集客できるとは限らないのは考慮すべき点でしょう。

フリーランスと制作会社、どちらも良い点と悪い点があるため、自社のニーズに合ったホームページ制作の業者を見つけましょう。

 

ホームページ依頼前の準備

制作を依頼する前に、次の3つのポイントを整理しておきましょう。

 

1.要望、現状の課題

ホームページに関する要望、現状の課題に優先度を付けて伝えられるようにしましょう。

多くの要望や課題を実現しようとすると、費用は膨大になりがちなため、各要望・課題ごとに優先度を付けると、より予算に合った提案を受けやすくなります。

 

2.希望の納期

依頼された側は、ホームページの制作を検討し始めた段階で、完成させるまでの日取りを決める必要があります。

そのため、依頼する際は希望の納期を明確に決めておきましょう。

 

3.予算の上限

依頼の相場は何となく理解していても、費用を明確に算定するのは大変難しいことです。

そこで、決めた1つの業者だけに絞るのではなく、複数の業者に見積り依頼をして費用の比較を行いましょう。

 

ホームページ依頼するときの注意点4つ

ホームページ

1.トータル費用を明示してくれるか

ホームページの制作は、上記でも解説したように、別途更新や修正に料金がかかりやすい傾向にあるため、制作前にトータル費用を明示してくれる業者は安心だといえます。

 

2.ホームページの目的などを把握してくれるか

目的やターゲット、売り込みたい商品を明確に把握してくれる業者は、やり取りがスムーズに進みやすく、こちらの希望に沿った効果的なホームページを作ってくれます。

「こういう業界だから、デザインはこう」とテンプレートに当てはめるような制作を行うような会社よりかは、こちらの目的に沿ったこだわりのある制作をしてもらいたいですよね。目的やターゲット、売り込みたい商品などを把握して、それを制作に反映してくれる業者に依頼しましょう。

 

3.スマホ対応があらかじめ入っているか

パソコンより、圧倒的にスマートフォンでのインターネット接続が増えている昨今。 そのため、ホームページにもスマホ対応はデフォルトで必要になってきます。スマホ対応をデフォルトでしていないような業者に依頼をしても、少し時代遅れのホームページが成果物として上がってくる可能性があります。

 

4.ホームページ・サーバー・ドメインの所有権が依頼主にあるか

ホームページやサーバー、ドメインの所有権を依頼主に渡さないという対応を取る業者が時折います。

そういった業者は制作後にトラブルに発展することが多いので、避けておくのがベストでしょう。

これらの所有権については、契約書を隅々まで読んで確認しましょう。

詳しい表記がない場合は、書き直しをしてもらいましょう。

業者に確認して、それでも明確な回答が得られない場合は、その業者との契約は断るべきでしょう。

 

関連:ホームページ制作会社の上手な選び方とは?ポイントで徹底解説

 

終わりに

今回は、失敗を避けよう!ホームページを依頼するときの注意点を解説していきました。

この記事が、Web担当者の方の参考になればと思います。 最後までご覧頂きありがとうございました。

 

カジュアルミーティング