生産性向上が必要な理由とは?効果的な対策やメリットを解説

  • 2022.5.6
  • 生産性
  • 新規事業

企業の業績を高めるため成長するためには、生産性を向上する事が非常に重要と言われています。

しかし生産性向上が何故必要なのかという疑問や、業績アップに繋がる具体的な方法について正しく理解していない方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は生産性向上が必要な理由や、効果的な対策・メリットを解説していきます。

 

生産性向上が必要な理由は?

生産性

生産性向上を行う事は、何故重要視されるのでしょうか?

ここでは企業の生産性向上が必要な理由について解説していきます。

 

費用対効果を高める

企業に生産性向上が必要な理由として、費用対効果を高める目的があります。

生産性向上とは、あらかじめ仕掛けた「経営資源(リソース)に対する成果の割合い」を指します。

具体的には一定数の従業員(例 : 100人)が同じ期間で200個、400個の成果を生み出したとします。

 

この場合、生産数はそれぞれ20、40となりますので、後者の方が生産性は高い結果となります。

このように生産性向上とは、費用対効果を算出し効率を高めるために使用されます。

 

生産性を解析する方法

生産性を確認する際に使用される解析方法には、おもに3つの指標があります。

ここでは生産性を解析する具体的な方法をご紹介していきます。

 

  • 付加価値労働生産性

付加価値とは、商品やサービスを販売した際生み出される「実際の利益」を意味します。

付加価値労働生産性では、この利益をもとに生産性を割り出す方法になります。

例として仕入れが10万円の品を50万円で販売した場合の利益は40万円に。

この利益を、労働時間や人数で割ると生産性を算出する事ができます。

付加価値労働生産性=付加価値額÷労働量(労働者数・時間)

 

  • 物的労働生産性

こちらは生産した物的な数(生産量)をもとに生産性を算出する方法です。

こちらは金額で算出するケースもありますが、数値が変わりやすいため数・量で示す方法が主流となります。

物的労働生産性=生産量÷労働量(労働者数・時間)

 

  • 全要素生産性

先ほどの付加価値労働生産性に「企業が持つ資産」を加えたものになります。

変動性の高い資産を加味するため、計算は難しくなりますがより詳細なデータが必要な場合に使用される方法でもあります。

このように生産性を解析する際は、求める要素により算出方法が異なりますので覚えておきましょう。

 

生産性を高めるメリットとは?

生産性が高まると、企業が抱える問題を解決しプラスの効果が期待されます。

ここでは、生産性を高めるメリットについて解説していきます。

 

人出不足を解消

少子高齢化が進む現在の日本では、労働力や人員の不足に悩む企業は多いと言われています。

ある調査では、正社員が不足している割合いは全体の50〜70%と業界によっては大きく不足している現状が浮彫りになりました。

こうした人出不足を解消する手段としてAIやロボット、RPAなどが注目されています。

デジタルツールを導入する事で、人出不足を解消し生産性を大きく改善することができるのです。

 

国際社会での競争力強化

生産性向上はコスト削減効果を高め、結果として国際的な価格競争力や付加価値を生み出す原動力となります。

2021年度の国際競争力ランキングでは1990年代のバブル期と比べ31位と大きく後退しています。

生産性向上は個々の企業でも大切な課題ですが、国際的な競争力強化のためにもより大胆な改革が必要ではないでしょうか。

 

生産性向上に繋がる効果的な対策

生産性を高めることで、業績の改善や競争力強化に繋がる事は解説しました通りになります。

それでは生産性を向上させるための具体的な方法とはどのようなものなのでしょうか?

ここでは企業の生産性向上に繋がる具体的な対策についてご紹介していきます。

 

業務を分かりやすく行う

生産性向上のポイントのひとつに、業務を分かりやすく行う工夫があります。

業務の「見える化」とも言われるように、例えばマニュアルを整備するなど作業や工程を分かりやすく見せる事が大切です。

業務を分かりやすくする事で、失敗する確率を減らせる事や個々の品質を高めることが可能になります。

また、有名な事例ではトヨタ社の看板方式に代表される「改善」を行う事も生産性向上に繋がります。

いずれの業務も、まずは問題点を共有し見える化する事から始めてみましょう。

 

労働者のスキルアップ

生産性向上に必要な要素として、働く人である労働力の重要性は依然として高い傾向にあります。

デジタルツールや自動化が進む現在に於いても、チームワークや個々のスキルを高めることで企業の競争力を高める事に繋がります。

このため社内の研修やワークショップ、会議を行う事で問題意識を共有しどのように取り組むべきか議論する事が大切。

また、スキルアップには日々のモチベーションを維持する必要があります。

目の前の目標や中長期的なビジョンを共有し、生産性向上に繋げて行きましょう。

 

生産性向上に取り組む際のタブーとは?

生産性

生産性向上を目指す上で、避けるべきタブーも存在します。

場合によっては生産性を下げる可能性がありますので、いくつかのケースをご紹介します。

 

長時間労働を強いる

ひと昔前の風潮に習い、従業員に長時間労働を促した場合は集中力が下がる、病気が発症しやすくなるなどさまざまなデメリットが発生します。

中長期的な視点で見た場合、長時間労働は生産性を低下させる可能性が高くなりますので、決められた時間に集中して取り組めるような施策を行いましょう。

 

現場と共有せず方針を変える

管理職や経営陣の役割りとして、現場に寄り添った施策を行う事が大切です。

このため生産性を向上させる目的で現場と共有せず、一方的に指示を押し付けてしまう事も社員のモチベーションを下げてしまうためタブーとされています。

生産性向上の為には、社員と経営陣が普段から意識を共有できるよう取り組む事を心掛けましょう。

 

強い組織を作り上げるために必要な4つの条件とは【人事・経営陣必見】

 

まとめ

今回は、生産性向上が必要な理由や、効果的な対策・メリットを解説しました。

企業が重視する生産性向上が必要な理由は、費用対効果を高める目的で使用されている事をご紹介しました。

生産性を向上させることで同業他社や国際的な競争力を高め、企業そのものを強化できる事がご理解頂けたかと思います。

現場に携わる従業員と密なコミュニケーションを取り、生産性向上を目指して行きましょう。

 

カジュアルミーティング
  • 2022.5.6
  • 生産性
  • 新規事業

企業の業績を高めるため成長するためには、生産性を向上する事が非常に重要と言われています。

しかし生産性向上が何故必要なのかという疑問や、業績アップに繋がる具体的な方法について正しく理解していない方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は生産性向上が必要な理由や、効果的な対策・メリットを解説していきます。

 

生産性向上が必要な理由は?

生産性

生産性向上を行う事は、何故重要視されるのでしょうか?

ここでは企業の生産性向上が必要な理由について解説していきます。

 

費用対効果を高める

企業に生産性向上が必要な理由として、費用対効果を高める目的があります。

生産性向上とは、あらかじめ仕掛けた「経営資源(リソース)に対する成果の割合い」を指します。

具体的には一定数の従業員(例 : 100人)が同じ期間で200個、400個の成果を生み出したとします。

 

この場合、生産数はそれぞれ20、40となりますので、後者の方が生産性は高い結果となります。

このように生産性向上とは、費用対効果を算出し効率を高めるために使用されます。

 

生産性を解析する方法

生産性を確認する際に使用される解析方法には、おもに3つの指標があります。

ここでは生産性を解析する具体的な方法をご紹介していきます。

 

  • 付加価値労働生産性

付加価値とは、商品やサービスを販売した際生み出される「実際の利益」を意味します。

付加価値労働生産性では、この利益をもとに生産性を割り出す方法になります。

例として仕入れが10万円の品を50万円で販売した場合の利益は40万円に。

この利益を、労働時間や人数で割ると生産性を算出する事ができます。

付加価値労働生産性=付加価値額÷労働量(労働者数・時間)

 

  • 物的労働生産性

こちらは生産した物的な数(生産量)をもとに生産性を算出する方法です。

こちらは金額で算出するケースもありますが、数値が変わりやすいため数・量で示す方法が主流となります。

物的労働生産性=生産量÷労働量(労働者数・時間)

 

  • 全要素生産性

先ほどの付加価値労働生産性に「企業が持つ資産」を加えたものになります。

変動性の高い資産を加味するため、計算は難しくなりますがより詳細なデータが必要な場合に使用される方法でもあります。

このように生産性を解析する際は、求める要素により算出方法が異なりますので覚えておきましょう。

 

生産性を高めるメリットとは?

生産性が高まると、企業が抱える問題を解決しプラスの効果が期待されます。

ここでは、生産性を高めるメリットについて解説していきます。

 

人出不足を解消

少子高齢化が進む現在の日本では、労働力や人員の不足に悩む企業は多いと言われています。

ある調査では、正社員が不足している割合いは全体の50〜70%と業界によっては大きく不足している現状が浮彫りになりました。

こうした人出不足を解消する手段としてAIやロボット、RPAなどが注目されています。

デジタルツールを導入する事で、人出不足を解消し生産性を大きく改善することができるのです。

 

国際社会での競争力強化

生産性向上はコスト削減効果を高め、結果として国際的な価格競争力や付加価値を生み出す原動力となります。

2021年度の国際競争力ランキングでは1990年代のバブル期と比べ31位と大きく後退しています。

生産性向上は個々の企業でも大切な課題ですが、国際的な競争力強化のためにもより大胆な改革が必要ではないでしょうか。

 

生産性向上に繋がる効果的な対策

生産性を高めることで、業績の改善や競争力強化に繋がる事は解説しました通りになります。

それでは生産性を向上させるための具体的な方法とはどのようなものなのでしょうか?

ここでは企業の生産性向上に繋がる具体的な対策についてご紹介していきます。

 

業務を分かりやすく行う

生産性向上のポイントのひとつに、業務を分かりやすく行う工夫があります。

業務の「見える化」とも言われるように、例えばマニュアルを整備するなど作業や工程を分かりやすく見せる事が大切です。

業務を分かりやすくする事で、失敗する確率を減らせる事や個々の品質を高めることが可能になります。

また、有名な事例ではトヨタ社の看板方式に代表される「改善」を行う事も生産性向上に繋がります。

いずれの業務も、まずは問題点を共有し見える化する事から始めてみましょう。

 

労働者のスキルアップ

生産性向上に必要な要素として、働く人である労働力の重要性は依然として高い傾向にあります。

デジタルツールや自動化が進む現在に於いても、チームワークや個々のスキルを高めることで企業の競争力を高める事に繋がります。

このため社内の研修やワークショップ、会議を行う事で問題意識を共有しどのように取り組むべきか議論する事が大切。

また、スキルアップには日々のモチベーションを維持する必要があります。

目の前の目標や中長期的なビジョンを共有し、生産性向上に繋げて行きましょう。

 

生産性向上に取り組む際のタブーとは?

生産性

生産性向上を目指す上で、避けるべきタブーも存在します。

場合によっては生産性を下げる可能性がありますので、いくつかのケースをご紹介します。

 

長時間労働を強いる

ひと昔前の風潮に習い、従業員に長時間労働を促した場合は集中力が下がる、病気が発症しやすくなるなどさまざまなデメリットが発生します。

中長期的な視点で見た場合、長時間労働は生産性を低下させる可能性が高くなりますので、決められた時間に集中して取り組めるような施策を行いましょう。

 

現場と共有せず方針を変える

管理職や経営陣の役割りとして、現場に寄り添った施策を行う事が大切です。

このため生産性を向上させる目的で現場と共有せず、一方的に指示を押し付けてしまう事も社員のモチベーションを下げてしまうためタブーとされています。

生産性向上の為には、社員と経営陣が普段から意識を共有できるよう取り組む事を心掛けましょう。

 

強い組織を作り上げるために必要な4つの条件とは【人事・経営陣必見】

 

まとめ

今回は、生産性向上が必要な理由や、効果的な対策・メリットを解説しました。

企業が重視する生産性向上が必要な理由は、費用対効果を高める目的で使用されている事をご紹介しました。

生産性を向上させることで同業他社や国際的な競争力を高め、企業そのものを強化できる事がご理解頂けたかと思います。

現場に携わる従業員と密なコミュニケーションを取り、生産性向上を目指して行きましょう。

 

カジュアルミーティング