アウトソーシングとは?メリットと今後の企業ニーズを検証!

  • 2022.5.6
  • アウトソーシング
  • 新規事業

最近では企業の業務効率を高める目的で、業務の一部を外部に委託するケースが増えてきています。

この外部委託は「アウトソーシング」と呼ばれ、一般的に知られるようになりました。

しかしアウトソーシングの本当の意味やメリットについてご存知ない方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、アウトソーシングとはどのような意味かという疑問やメリットを解説し、今後の企業ニーズについて検証していきます。

今後益々利用する機会の増える可能性のあるアウトソーシングについて、理解を深めていきましょう。

 

アウトソーシングの意味とは?

アウトソーシング

アウトソーシングとはどのような意味なのでしょう。

実はアウトソーシングというワードは、外部(アウト)資源の活用(ソーシング)を組み合わせた和製英語です。

現在ではアウトソーシングは一般的に「企業業務の一部を外部委託」する際に使用されている用語になります。

 

アウトソーシングの業務について

アウトソーシングは、委託する業務内容によっておもに3種類に分かれます。

ここではそれぞれの意味について解説していきます。

 

  • BPO

BPOは、業務の中心となる「企画」や「設計」作業を委託する際に使用されます。

具体的には人事や経理、総務といった経営に関わる業務を委託することで業務効率を高める狙いがあります。

 

  • ITO

ITOは企業が扱う情報・システムの管理業務を委託する際に使用されます。

とくにITに関する業務が難しい企業は、専門知識が必要な情報セキュリティを高める目的で依頼するケースが多くあります。

 

  • KPO

KPOは人的コストのかかる「情報の分析・解析」を目的として活用されています。

最近では医療や航空など専門性が高い分野に於いて、データ収集を目的に委託されるケースが増えて来ています。

このように企業が抱える、それぞれの業務を委託する際に使用されている用語になりますので、覚えておきましょう。

 

アウトソーシングのメリット

アウトソーシングを実施する際のメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。

ここではアウトソーシングを行う際のメリットについてご紹介していきます。

 

  • コア業務を強化できる

企業は本来行うべき業務(コア業務)の質を高めることで、競合他社に負けない工夫を生み出す必要があります。

このため商品やサービスの差別化を行う事が大切ですが、開発には多くの人材コストが発生する事になります。

コア業務以外をアウトソーシングする事で、本来必要な人材・業務リソースを強化できるメリットがあります。

 

  • コスト削減効果を高める

企業の専門分野は、特に中小企業などでは細分化されつつあります。

このため自社の専門分野以外の業務を委託することで、本来費用の掛かる設備投資や人件費などのコストを削減できるメリットがあります。

専門分野以外の業務委託を行うことで、業務全体の品質を高める事も可能になりますので、多くのメリットがあると言えるでしょう。

 

デメリットも確認しましょう

一方でアウトソーシングならではのデメリットも存在します。

こちらのデメリットについても確認しておきましょう。

 

  • 社内の経験値が増えない

業務のアウトソーシングを行うと、本来企業が行う業務を他企業に依頼する事になります。

このため依頼した業務については社内で問題解決するための経験値が増えないことに。

また、アウトソーシング先の企業が倒産した場合など業務の継続が困難になるケースもあります。

こうした社内の経験値が増えない点は、デメリットとして認識する必要があります。

 

  • 社内情報が漏洩の可能性も

業務を委託する内容によっては、顧客データや個人情報を提供する場合があります。

こうした重要データを社外に提供する分、社内情報が漏洩する可能性も高まります。

情報漏洩を防ぐためには、委託する企業の情報セキュリティを事前に確認しておく事が大切です。

 

  • 想定外の結果が出るケース

外部に委託する業務については、社内で行う事が難しい作業が中心となります。

このため具体的なコスト計算が難しい場合も多く、想定外の結果が出てしまうケースも。

費用対効果を高めるはずが逆の結果となる可能性がありますので、事前の対策が必要となります。

このようにアウトソーシングでは、メリット・デメリットが存在します。

それぞれの特性を考慮し、事前のシュミレーションを行い充分検討する事が大切です。

 

今後の企業ニーズを検証

アウトソーシング

アウトソーシングを行う企業ニーズは益々高まっています。

今後の企業ニーズについておもに2つの項目について検証していきます。

 

  • 業務拡大を狙う目的

従来行っていた業務を拡大する際、企業が持つ技術やノウハウを活用し新たな財源を確保する事が大切です。

こうした業務拡大に必要な新たな人材や開発コストの効率を高める目的で、アウトソーシングを利用する機会は今後益々増えて行くことが予想されます。

 

  • 人材の確保

少子高齢化が進む日本国内では、今後益々人材の確保が重要になって来ています。

このため自社で抱える人材とは別に、必要な人材をアウトソーシングする機会は益々増えていく事が予想されています。

新たな人材を委託する事で、人的コストも削減される事に繋がりますので覚えておきましょう。

 

インバウンドマーケティングとは?手法から成功させるコツまで

 

人材派遣との違いについて

アウトソーシングと似た意味で使用される人材派遣との違いはどのようなものなのでしょう?

アウトソーシングと人材派遣は、いずれも外部委託という点では共有した部分もあります。

しかし委託する業務の内容や、費用対効果を目的とするアウトソーシングに対し、人材派遣は「派遣する人材」が目的となります。

このため自社に不足しているのは人材そのものなのか、業務そのものを委託する必要があるのかを検証してみるとよいでしょう。

 

まとめ

今回はアウトソーシングの意味やメリットを解説し、今後の企業ニーズについて検証しました。

アウトソーシングは、主に3つの委託する業務に分かれる事を解説しました。

業務を委託する事で本来必要な業務に集中できるメリットがある反面、情報管理や委託する範囲を検証する必要がありましたね。

企業に必要な業務拡大を目的としたアウトソーシングは、今後益々活発化する可能性があります。

本業の業務を拡大するため、効果的なアウトソーシングに取り組んでいきましょう。

 

カジュアルミーティング
  • 2022.5.6
  • アウトソーシング
  • 新規事業

最近では企業の業務効率を高める目的で、業務の一部を外部に委託するケースが増えてきています。

この外部委託は「アウトソーシング」と呼ばれ、一般的に知られるようになりました。

しかしアウトソーシングの本当の意味やメリットについてご存知ない方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、アウトソーシングとはどのような意味かという疑問やメリットを解説し、今後の企業ニーズについて検証していきます。

今後益々利用する機会の増える可能性のあるアウトソーシングについて、理解を深めていきましょう。

 

アウトソーシングの意味とは?

アウトソーシング

アウトソーシングとはどのような意味なのでしょう。

実はアウトソーシングというワードは、外部(アウト)資源の活用(ソーシング)を組み合わせた和製英語です。

現在ではアウトソーシングは一般的に「企業業務の一部を外部委託」する際に使用されている用語になります。

 

アウトソーシングの業務について

アウトソーシングは、委託する業務内容によっておもに3種類に分かれます。

ここではそれぞれの意味について解説していきます。

 

  • BPO

BPOは、業務の中心となる「企画」や「設計」作業を委託する際に使用されます。

具体的には人事や経理、総務といった経営に関わる業務を委託することで業務効率を高める狙いがあります。

 

  • ITO

ITOは企業が扱う情報・システムの管理業務を委託する際に使用されます。

とくにITに関する業務が難しい企業は、専門知識が必要な情報セキュリティを高める目的で依頼するケースが多くあります。

 

  • KPO

KPOは人的コストのかかる「情報の分析・解析」を目的として活用されています。

最近では医療や航空など専門性が高い分野に於いて、データ収集を目的に委託されるケースが増えて来ています。

このように企業が抱える、それぞれの業務を委託する際に使用されている用語になりますので、覚えておきましょう。

 

アウトソーシングのメリット

アウトソーシングを実施する際のメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。

ここではアウトソーシングを行う際のメリットについてご紹介していきます。

 

  • コア業務を強化できる

企業は本来行うべき業務(コア業務)の質を高めることで、競合他社に負けない工夫を生み出す必要があります。

このため商品やサービスの差別化を行う事が大切ですが、開発には多くの人材コストが発生する事になります。

コア業務以外をアウトソーシングする事で、本来必要な人材・業務リソースを強化できるメリットがあります。

 

  • コスト削減効果を高める

企業の専門分野は、特に中小企業などでは細分化されつつあります。

このため自社の専門分野以外の業務を委託することで、本来費用の掛かる設備投資や人件費などのコストを削減できるメリットがあります。

専門分野以外の業務委託を行うことで、業務全体の品質を高める事も可能になりますので、多くのメリットがあると言えるでしょう。

 

デメリットも確認しましょう

一方でアウトソーシングならではのデメリットも存在します。

こちらのデメリットについても確認しておきましょう。

 

  • 社内の経験値が増えない

業務のアウトソーシングを行うと、本来企業が行う業務を他企業に依頼する事になります。

このため依頼した業務については社内で問題解決するための経験値が増えないことに。

また、アウトソーシング先の企業が倒産した場合など業務の継続が困難になるケースもあります。

こうした社内の経験値が増えない点は、デメリットとして認識する必要があります。

 

  • 社内情報が漏洩の可能性も

業務を委託する内容によっては、顧客データや個人情報を提供する場合があります。

こうした重要データを社外に提供する分、社内情報が漏洩する可能性も高まります。

情報漏洩を防ぐためには、委託する企業の情報セキュリティを事前に確認しておく事が大切です。

 

  • 想定外の結果が出るケース

外部に委託する業務については、社内で行う事が難しい作業が中心となります。

このため具体的なコスト計算が難しい場合も多く、想定外の結果が出てしまうケースも。

費用対効果を高めるはずが逆の結果となる可能性がありますので、事前の対策が必要となります。

このようにアウトソーシングでは、メリット・デメリットが存在します。

それぞれの特性を考慮し、事前のシュミレーションを行い充分検討する事が大切です。

 

今後の企業ニーズを検証

アウトソーシング

アウトソーシングを行う企業ニーズは益々高まっています。

今後の企業ニーズについておもに2つの項目について検証していきます。

 

  • 業務拡大を狙う目的

従来行っていた業務を拡大する際、企業が持つ技術やノウハウを活用し新たな財源を確保する事が大切です。

こうした業務拡大に必要な新たな人材や開発コストの効率を高める目的で、アウトソーシングを利用する機会は今後益々増えて行くことが予想されます。

 

  • 人材の確保

少子高齢化が進む日本国内では、今後益々人材の確保が重要になって来ています。

このため自社で抱える人材とは別に、必要な人材をアウトソーシングする機会は益々増えていく事が予想されています。

新たな人材を委託する事で、人的コストも削減される事に繋がりますので覚えておきましょう。

 

インバウンドマーケティングとは?手法から成功させるコツまで

 

人材派遣との違いについて

アウトソーシングと似た意味で使用される人材派遣との違いはどのようなものなのでしょう?

アウトソーシングと人材派遣は、いずれも外部委託という点では共有した部分もあります。

しかし委託する業務の内容や、費用対効果を目的とするアウトソーシングに対し、人材派遣は「派遣する人材」が目的となります。

このため自社に不足しているのは人材そのものなのか、業務そのものを委託する必要があるのかを検証してみるとよいでしょう。

 

まとめ

今回はアウトソーシングの意味やメリットを解説し、今後の企業ニーズについて検証しました。

アウトソーシングは、主に3つの委託する業務に分かれる事を解説しました。

業務を委託する事で本来必要な業務に集中できるメリットがある反面、情報管理や委託する範囲を検証する必要がありましたね。

企業に必要な業務拡大を目的としたアウトソーシングは、今後益々活発化する可能性があります。

本業の業務を拡大するため、効果的なアウトソーシングに取り組んでいきましょう。

 

カジュアルミーティング