ベンチャー・成長企業に必要な人材とは?考察すべきポイント

  • 2022.1.29
  • ベンチャー人材
  • スタートアップ

ベンチャー,人材

企業にとって優れた人材を採用することは、会社の成長を左右する大事なポイント。

特にスタートアップのベンチャー・成長企業にとって「優秀な人材を確保したい」という思いは共通の願いでもあります。

しかし採用する際に本当に必要な人材とはどのような人物像が適切なのかが分からないケースもありますよね。

そこで今回は、ベンチャー・成長企業に必要な人材の特徴や考察すべきポイントについて解説していきます。

新たな人材雇用の際に、是非参考にご覧下さい。

 

ベンチャー・成長企業に必要な人材は?

ベンチャー,人材

ベンチャー・成長企業にとって本当に必要な人材とはどのような特徴があるのでしょうか?

ここでは仕事を取り組む上でのいくつかのポイントについて解説していきます。

 

自発的に始める事ができる

ベンチャー・成長企業では、安定した財務、顧客基盤が保証されている訳ではありません。

そうした状況下でも着実に信頼を積み重ねて行く必要があります。

多少不利な状況であっても、自発的に考え動ける人は周囲も一目置く存在となるでしょう。

一方で会社のルールや設備が整っていないという理由でモチベーションが下がる人もいます。

ベンチャー・成長企業では個々の負担も大きく、ないものを創り出す能力を磨く場所でもあるのです。

 

その場に応じた仕事ができる

大企業や一部上場の企業であれば数十〜数百名の社員がそれぞれの部署に所属し、細分化された業務の中で正確な仕事を求められます。

一方のベンチャー・成長企業では決まった仕事の範囲や部門があるケースは少ないと言えます。

 

例えば営業担当者であれば、営業活動と合わせ在庫管理やクレーム対応はもちろん、経理の決済業務まで担当する場合も。

「この範囲までを担当します。」というような担当範囲を自分で決めてしまう人は、成長企業では難しいケースが多いでしょう。

仮に苦手な仕事であっても、やりますといったその場に応じた仕事ができる人は成長企業で実績を得ていくことになります。

 

チームや仲間と共有できる

長らく不況の時代を過ごした日本では、「安定した仕事に就ける公務員や大手企業」に勤めたい方と「ITを始めとしたベンチャー企業」でスキルを磨きたいという二極化の時代となって来ています。

安定した仕事を求める人は、成長企業を希望することはないでしょう。

もう一方のスキルを磨きたい人の中には成長企業を志す方もおられます。

 

しかし成長企業で求められる人材にはもうひとつの要素があります。

それはチームや仲間と仕事を共有し、組織に貢献することにやり甲斐を感じることができるか?というものです。

成長企業では、一緒に苦労を共にできる仲間と汗をかく事が、スキルを磨く事と同じく大切と言えるでしょう。

 

成果を求める粘り強さ

成長企業では組織やシステムが上手く稼働してないケースもあり、通常の企業と異なり個人の負担が増えてしまいます。

当然それぞれのメンバーも多忙になるのですが、「忙しい割に成果が伴わない」状況に陥るケースも。

結果として忙しさに満足してしまい、時として自己満足になる可能性があります。

 

このためハードな仕事をこなしながらも、しっかりと成果に対して粘り強くこだわる事ができる人物像が求められます。

このようにベンチャー・成長企業では単に仕事ができる以外にも、さまざまな要素が求められる事が分かります。

会社を着実に大きくすることに、生き甲斐や楽しさを共有できる人物が必要とされています。

 

求める人材の採用傾向を考察

ベンチャー,人材

一般的な企業と異なり、ベンチャー・成長企業で求められる人材が異なる点はご紹介しました。

次に少子高齢化が進む現在、求める人材の採用傾向についてご紹介します。

 

肩書きや実績では採用しない

これまでの肩書きや実績が優秀な人を採用した場合、会社と合わないといったケースが増えています。

このため成長企業では、能力以上に「会社との相性」に注目している傾向が強くなって来ています。

 

求められるシンプルさとは?

変化が早い激動の時代では、成長企業に求められる人材は非常にシンプルです。

そんな求められるシンプルさとは、「ユーザーのために、革新的な仕事を徹底的にやる」というもの。

変化をよしとしない保守的な人材は求められていない事が分かります。

 

成長企業に合う資質とは?

極端な話しでは、採用を検討している企業の業種と全く異なる経験を持ったスタッフも採用されるケースもあります。

これは専門知識や業界経験以上に、臨機応変さが求められるという事でもあります。

肩書きを重視しない成長企業ならではの採用傾向と言えるでしょう。

ご紹介しました傾向は、一部の成長企業の例ではあります。

しかし変化の激しい時代に成長する企業では、一般的な企業の常識以上に重視する内容が異なることを覚えておきましょう。

 

関連:「売上を上げる効果的な方法は?顧客目線の優れた改善策を紹介

 

まとめ

今回は、ベンチャー・成長企業に必要な人材の特徴や考察すべきポイントについて解説しました。

必要な人材の特徴については、仕事のスキルと合わせ仲間と会社の成長を支えていける人物像が求められていることがご理解頂けたかと思います。

また、最近の採用傾向では肩書きや実践以上に変化の激しい成長企業に柔軟に対応できる人材が求められている事が分かりました。

ベンチャー・成長企業ならではのやり甲斐のある仕事を通じて、成長できる人材がこれからも求められて行くのは間違いないでしょう。

 

  • 2022.1.29
  • ベンチャー人材
  • スタートアップ

企業にとって優れた人材を採用することは、会社の成長を左右する大事なポイント。

特にスタートアップのベンチャー・成長企業にとって「優秀な人材を確保したい」という思いは共通の願いでもあります。

しかし採用する際に本当に必要な人材とはどのような人物像が適切なのかが分からないケースもありますよね。

そこで今回は、ベンチャー・成長企業に必要な人材の特徴や考察すべきポイントについて解説していきます。

新たな人材雇用の際に、是非参考にご覧下さい。

 

ベンチャー・成長企業に必要な人材は?

ベンチャー,人材

ベンチャー・成長企業にとって本当に必要な人材とはどのような特徴があるのでしょうか?

ここでは仕事を取り組む上でのいくつかのポイントについて解説していきます。

 

自発的に始める事ができる

ベンチャー・成長企業では、安定した財務、顧客基盤が保証されている訳ではありません。

そうした状況下でも着実に信頼を積み重ねて行く必要があります。

多少不利な状況であっても、自発的に考え動ける人は周囲も一目置く存在となるでしょう。

一方で会社のルールや設備が整っていないという理由でモチベーションが下がる人もいます。

ベンチャー・成長企業では個々の負担も大きく、ないものを創り出す能力を磨く場所でもあるのです。

 

その場に応じた仕事ができる

大企業や一部上場の企業であれば数十〜数百名の社員がそれぞれの部署に所属し、細分化された業務の中で正確な仕事を求められます。

一方のベンチャー・成長企業では決まった仕事の範囲や部門があるケースは少ないと言えます。

 

例えば営業担当者であれば、営業活動と合わせ在庫管理やクレーム対応はもちろん、経理の決済業務まで担当する場合も。

「この範囲までを担当します。」というような担当範囲を自分で決めてしまう人は、成長企業では難しいケースが多いでしょう。

仮に苦手な仕事であっても、やりますといったその場に応じた仕事ができる人は成長企業で実績を得ていくことになります。

 

チームや仲間と共有できる

長らく不況の時代を過ごした日本では、「安定した仕事に就ける公務員や大手企業」に勤めたい方と「ITを始めとしたベンチャー企業」でスキルを磨きたいという二極化の時代となって来ています。

安定した仕事を求める人は、成長企業を希望することはないでしょう。

もう一方のスキルを磨きたい人の中には成長企業を志す方もおられます。

 

しかし成長企業で求められる人材にはもうひとつの要素があります。

それはチームや仲間と仕事を共有し、組織に貢献することにやり甲斐を感じることができるか?というものです。

成長企業では、一緒に苦労を共にできる仲間と汗をかく事が、スキルを磨く事と同じく大切と言えるでしょう。

 

成果を求める粘り強さ

成長企業では組織やシステムが上手く稼働してないケースもあり、通常の企業と異なり個人の負担が増えてしまいます。

当然それぞれのメンバーも多忙になるのですが、「忙しい割に成果が伴わない」状況に陥るケースも。

結果として忙しさに満足してしまい、時として自己満足になる可能性があります。

 

このためハードな仕事をこなしながらも、しっかりと成果に対して粘り強くこだわる事ができる人物像が求められます。

このようにベンチャー・成長企業では単に仕事ができる以外にも、さまざまな要素が求められる事が分かります。

会社を着実に大きくすることに、生き甲斐や楽しさを共有できる人物が必要とされています。

 

求める人材の採用傾向を考察

ベンチャー,人材

一般的な企業と異なり、ベンチャー・成長企業で求められる人材が異なる点はご紹介しました。

次に少子高齢化が進む現在、求める人材の採用傾向についてご紹介します。

 

肩書きや実績では採用しない

これまでの肩書きや実績が優秀な人を採用した場合、会社と合わないといったケースが増えています。

このため成長企業では、能力以上に「会社との相性」に注目している傾向が強くなって来ています。

 

求められるシンプルさとは?

変化が早い激動の時代では、成長企業に求められる人材は非常にシンプルです。

そんな求められるシンプルさとは、「ユーザーのために、革新的な仕事を徹底的にやる」というもの。

変化をよしとしない保守的な人材は求められていない事が分かります。

 

成長企業に合う資質とは?

極端な話しでは、採用を検討している企業の業種と全く異なる経験を持ったスタッフも採用されるケースもあります。

これは専門知識や業界経験以上に、臨機応変さが求められるという事でもあります。

肩書きを重視しない成長企業ならではの採用傾向と言えるでしょう。

ご紹介しました傾向は、一部の成長企業の例ではあります。

しかし変化の激しい時代に成長する企業では、一般的な企業の常識以上に重視する内容が異なることを覚えておきましょう。

 

関連:「売上を上げる効果的な方法は?顧客目線の優れた改善策を紹介

 

まとめ

今回は、ベンチャー・成長企業に必要な人材の特徴や考察すべきポイントについて解説しました。

必要な人材の特徴については、仕事のスキルと合わせ仲間と会社の成長を支えていける人物像が求められていることがご理解頂けたかと思います。

また、最近の採用傾向では肩書きや実践以上に変化の激しい成長企業に柔軟に対応できる人材が求められている事が分かりました。

ベンチャー・成長企業ならではのやり甲斐のある仕事を通じて、成長できる人材がこれからも求められて行くのは間違いないでしょう。