デザイナーの必要スキルとは?デザイナーの仕事内容などデザイン未経験は必読

  • 2022.1.20
  • デザイナー
  • デザイン

デザイナー,スキル

デザインの仕事に携わりたいと考えながらも「自分にはスキルがないから」と諦めていませんか?

デザインの仕事は幅広いため、未経験からでも挑戦できる仕事が存在しているのです。

ではどんな仕事を選べば未経験からでも活躍ができるのか。

 

この記事では、デザインの仕事内容を紹介すると同時に、必要なスキルとおすすめの仕事について説明しています。

参考にしていただき、あなたがデザイナーとして一歩踏み出すきっかけになっていただけたら幸いです。

 

そもそもデザイナーとは?

デザイナー

デザインを行う仕事は、単に絵を描くだけではないのが特徴で、モノの形や機能を考える仕事となります。

日常生活によく使用する歯ブラシやシャンプーのパッケージ、またはアニメのホームページなどを見て「デザイナーになりたい」と考えた方も少なくありません。

デザインは私たちが私生活を送る過程で見ることができ、身近にあるため「自分もなりたい」と人に思わせるのでしょう。

 

「デザイナー=上手な絵を描く人」だと考える人がよくいますが、デザイナーとは、「クライアントの要求に沿ったデザインを考案する仕事」です。

クライアントの目的を忠実に再現することが求められるため、デザインスキルや美的感覚と同時に相手の考えをくみ取ることも問われるのです。

誰かを喜ばせられる気持ちこそ、デザイナーには欠かせない能力なので覚えておきましょう。

 

デザイナーの仕事内容

デザイナーに関して理解いただけたでしょうか?

ここの項目では、デザインをおこなう仕事について紹介させていただきます。

 

・WEBデザイナー

Webデザイナーとは、特にWebサイトなどのデザインを行う仕事となります。

Webサイトが使用者にとって見やすいように配置や装飾をこだわっていく重要な役割であります。

覚えることが多いため、辞めてしまう人が一定数いますが極めると圧倒的なスキルとなることでしょう。

独立志向が強い人や個人で活躍したい人は、WEBデザイナーに挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

・ファッションデザイナー

ファッションデザイナーとは、あらゆるファッションに関わるデザインに携わるデザイナーです。

そのファッションスタイルの趣向や、流行なども念頭に入れたデザインをする必要があります。

流行をつくり出すのは簡単なことではありませんが、

  • センスに自信がある人
  • 多くの人に影響を与える仕事に携わりたい

であれば活躍できる仕事といえるでしょう。

 

・グラフィックデザイナー

グラフィックデザイナーは、印刷物のデザインを主に行う仕事です。

ポスターやチラシ、パンフレット、雑誌の広告などが対象となります。

編集プロダクションなどに所属ながら、外からの仕事を請け負うことが主となるでしょう。

 

締め切りなどがあるためスピード感が求められますが、手がけた雑誌やポスターが人に認知されることはやりがいに繋がっていくと現役の方は言われています。

デザイン以外の力も求められた際、楽しく仕事に取り組める方であれば活躍できるでしょう。

 

デザイナーに必要なスキルは?

デザイナー,スキル

ここでは、デザインの仕事で必要なスキルを今回は2点ほど説明します。

 

・WEBマーケティング

WEBマーケティングの知識を蓄えると、デザイナーとしての成長に繋がります。

デザイナーである限り、「利益を生み出すこと」は忘れてはいけません。

どんなにセンス100点であっても、デザインにお金としての価値がなければデザイナーとして成功できません。

売り上げをあげるきっかけとなるのが、WEBマーケティングです。WEBマーケティング力を習得できれば、デザイナーとして多くの会社からスカウトが途絶えない存在となることでしょう。

 

・Photoshop

Photoshop(フォトショップ)は、グラフィックデザインやWEBデザインを作成するソフトのことです。実はPhotoshopを使えることを採用の条件とする会社も存在するほど必要とされているスキルとなります。

「Illustrator(イラストレーター)」というソフトもありますが、仕事の場でPhotoshopとIllustratorが一緒に使われる機会があるため、覚えておきましょう。

ソフトを操れるだけでもデザイナーとしての価値を大きく決めます。

無料で学べるサイトも多数存在するため、デザイナー志望であれば今からでも勉強を進めましょう。

 

関連:「評価が高いデザインに大切なことは?6つの共通点を紹介

 

まとめ

今回は説明が多かったですがご理解いただけたでしょうか?

働き方が変化していく中で、デザイナーという職業は重宝されるため将来性のある職種だといえます。

デザイナーはそれぞれ求めらえることが職種によって異なるため、この記事を活かして自分に合った仕事で勝負してみましょう。

求められるスキルや経験を把握しながら、適切なキャリアプランを練られることを願っています。

 

カジュアルミーティング
  • 2022.1.20
  • デザイナー
  • デザイン

デザインの仕事に携わりたいと考えながらも「自分にはスキルがないから」と諦めていませんか?

デザインの仕事は幅広いため、未経験からでも挑戦できる仕事が存在しているのです。

ではどんな仕事を選べば未経験からでも活躍ができるのか。

 

この記事では、デザインの仕事内容を紹介すると同時に、必要なスキルとおすすめの仕事について説明しています。

参考にしていただき、あなたがデザイナーとして一歩踏み出すきっかけになっていただけたら幸いです。

 

そもそもデザイナーとは?

デザイナー

デザインを行う仕事は、単に絵を描くだけではないのが特徴で、モノの形や機能を考える仕事となります。

日常生活によく使用する歯ブラシやシャンプーのパッケージ、またはアニメのホームページなどを見て「デザイナーになりたい」と考えた方も少なくありません。

デザインは私たちが私生活を送る過程で見ることができ、身近にあるため「自分もなりたい」と人に思わせるのでしょう。

 

「デザイナー=上手な絵を描く人」だと考える人がよくいますが、デザイナーとは、「クライアントの要求に沿ったデザインを考案する仕事」です。

クライアントの目的を忠実に再現することが求められるため、デザインスキルや美的感覚と同時に相手の考えをくみ取ることも問われるのです。

誰かを喜ばせられる気持ちこそ、デザイナーには欠かせない能力なので覚えておきましょう。

 

デザイナーの仕事内容

デザイナーに関して理解いただけたでしょうか?

ここの項目では、デザインをおこなう仕事について紹介させていただきます。

 

・WEBデザイナー

Webデザイナーとは、特にWebサイトなどのデザインを行う仕事となります。

Webサイトが使用者にとって見やすいように配置や装飾をこだわっていく重要な役割であります。

覚えることが多いため、辞めてしまう人が一定数いますが極めると圧倒的なスキルとなることでしょう。

独立志向が強い人や個人で活躍したい人は、WEBデザイナーに挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

・ファッションデザイナー

ファッションデザイナーとは、あらゆるファッションに関わるデザインに携わるデザイナーです。

そのファッションスタイルの趣向や、流行なども念頭に入れたデザインをする必要があります。

流行をつくり出すのは簡単なことではありませんが、

  • センスに自信がある人
  • 多くの人に影響を与える仕事に携わりたい

であれば活躍できる仕事といえるでしょう。

 

・グラフィックデザイナー

グラフィックデザイナーは、印刷物のデザインを主に行う仕事です。

ポスターやチラシ、パンフレット、雑誌の広告などが対象となります。

編集プロダクションなどに所属ながら、外からの仕事を請け負うことが主となるでしょう。

 

締め切りなどがあるためスピード感が求められますが、手がけた雑誌やポスターが人に認知されることはやりがいに繋がっていくと現役の方は言われています。

デザイン以外の力も求められた際、楽しく仕事に取り組める方であれば活躍できるでしょう。

 

デザイナーに必要なスキルは?

デザイナー,スキル

ここでは、デザインの仕事で必要なスキルを今回は2点ほど説明します。

 

・WEBマーケティング

WEBマーケティングの知識を蓄えると、デザイナーとしての成長に繋がります。

デザイナーである限り、「利益を生み出すこと」は忘れてはいけません。

どんなにセンス100点であっても、デザインにお金としての価値がなければデザイナーとして成功できません。

売り上げをあげるきっかけとなるのが、WEBマーケティングです。WEBマーケティング力を習得できれば、デザイナーとして多くの会社からスカウトが途絶えない存在となることでしょう。

 

・Photoshop

Photoshop(フォトショップ)は、グラフィックデザインやWEBデザインを作成するソフトのことです。実はPhotoshopを使えることを採用の条件とする会社も存在するほど必要とされているスキルとなります。

「Illustrator(イラストレーター)」というソフトもありますが、仕事の場でPhotoshopとIllustratorが一緒に使われる機会があるため、覚えておきましょう。

ソフトを操れるだけでもデザイナーとしての価値を大きく決めます。

無料で学べるサイトも多数存在するため、デザイナー志望であれば今からでも勉強を進めましょう。

 

関連:「評価が高いデザインに大切なことは?6つの共通点を紹介

 

まとめ

今回は説明が多かったですがご理解いただけたでしょうか?

働き方が変化していく中で、デザイナーという職業は重宝されるため将来性のある職種だといえます。

デザイナーはそれぞれ求めらえることが職種によって異なるため、この記事を活かして自分に合った仕事で勝負してみましょう。

求められるスキルや経験を把握しながら、適切なキャリアプランを練られることを願っています。

 

カジュアルミーティング