新規事業に向いている人の5つの特徴とマインドとは

  • 2022.1.20
  • 新規事業
  • 新規事業

新規事業

結論からいえば、新規事業に向いている人の思考は起業家に近いと言えます。

ゼロから全てを立ち上げた創業者の考え方や行動指針などに、向いていると言われる人の共通点があります。

新規事業の立ち上げに向いている人材の特徴を知ることは、よりマッチした採用や育成にも繋がります。

 

新規事業に向いている人とは?

新規事業

新規事業を創出しようとするとき、業績のためや人材採用あるいは育成など、目的をもって考えています。

いずれにしても、人には向き不向きがあります。

適材適所の采配をするためにも、以下ご紹介する新規事業に向いていると言われる人の傾向を把握しておきましょう。

これらの特徴は、起業家の精神にも通じるものがあります。

  • 新しいことに飛び込み、変化を恐れない
  • 逆境にも負けない精神的な強さ
  • 社内外との信頼関係により、協力関係を築ける
  • 行動力と実行力
  • リーダーシップ

 

一般的な場合、会社員は与えられた仕事をこなせばいい安定した環境にあります。

仕事がルーチンワーク化し、滅多に新しいことがおこらないため、保守的な思考となりがちです。

そのため、突然の変化や新しく何かをすることにストレスを感じ、敬遠しがちになります。

 

新規事業を立ち上げる場合は最低限、野心をもってキャリアに高い志がある人材か、常に業務の改善と向上を目指していける人材である必要があります。

そのうえで人望やリーダーシップ、精神的な強さもあると挫折する可能性を減らせるでしょう。

そのほか、自他を客観的に見られる視点も大切となります。

 

新規事業に向いている人は起業家マインド

新規事業,マインド

そもそも起業家とは新しく事業を作る人のことです。一方、企業家は会社を興すこと。

両者の違いは起業家は必ずしも会社を興し、運営するのではないという点です。

すでにある会社の中で、新しく事業を始める場合は社内起業とも言われています。

新規事業に向いている人は起業家のマインドに類似している点が多くあります。

以下、起業家の5つの特徴をご紹介いたします。

 

1.アイデアを創出する発想力や柔軟性

時代は常に移り変わり、ニーズも変化していきます。固定観念に囚われず、時代に対応できる柔軟な考え方ができるのが起業家マインドです。

 

2.好奇心をもち積極的にチャレンジ

新規事業は新しいことの連続です。うまくいかないことも、リスクもある中で積極的に立ち向かえる人は貴重です。最低限のリスクと損害を抑える準備もして取り組みます。

 

3.責任や原因を他者に求めない責任感

起業家マインドをもつ人は、失敗の原因を他の要因のせいにはしません。自己を振り返り、どうすればよいのかを考え、自己成長や次へと繋げていきます。

 

4.社内外問わず広く信頼を築ける

プロジェクトに携わる中で多くの人と関わることになります。自社の社員や顧客まで、良好な信頼関係を築ける人間性がなければ、思わぬところで躓くことにもなりかねません。

 

5.失敗を恐れないリーダーシップ

自分から積極的に周囲に働きかけ、マネジメントや会計など専門外のことについても率先して動きます。周囲を引っ張るリーダーシップをとることが苦ではないこと。

 

新規事業に求められる能力

新規事業

新規事業を計画するにあたって、携わる人材の人間性やマインド的な特徴以外にも実質的なビジネススキルも大切となります。

会社で新規事業をおこす場合、適切な人材を見極める「人をみる力」が必要です。

社内外から協力者や仲間を確保し、チームを作ることになります。その中で良好なコミュニケーションがとれなければ人は動かず、事業計画も頓挫しかねません。

情報に関してもネットだけでは信ぴょう性含め、機密性の高い情報は得られません。

 

ユーザーへの調査や必要なデータなど、自分の行動をもってしで情報収集をする力が必要です。

情報を集め、実現性や利益率など含め検証し、具体的に考えたうえで事業企画を出します。

そして、企画した事業を社内外や顧客相手などに説明するためのプレゼンテーション。

 

具体的なデータを出し、解りやすく説得力のある資料を作成するために「デザインの4大原則」をおさえることをおすすめします。

新規事業を成功させるためにはチーム内におけるビジョンの共有、ターゲット層や潜在的なニーズの観察など一連のプロセスの流れを作り、環境を整えることも欠かせません。

一定のサイクルがある「デザイン思考」や「リーンスタートアップ」などといった手法を参考にすると良いでしょう。

 

関連:「新規事業の成功に必要なことって?6つのポイントについて紹介

 

まとめ

新規事業に携わらない社員であっても、起業家マインドをもつことは問題解決力や積極的に行動する力になります。

起業家のセミナーや講習会などで学び、常から意識をもつことにより、時間をかけて身につけていくことが可能です。

 

カジュアルミーティング
  • 2022.1.20
  • 新規事業
  • 新規事業

結論からいえば、新規事業に向いている人の思考は起業家に近いと言えます。

ゼロから全てを立ち上げた創業者の考え方や行動指針などに、向いていると言われる人の共通点があります。

新規事業の立ち上げに向いている人材の特徴を知ることは、よりマッチした採用や育成にも繋がります。

 

新規事業に向いている人とは?

新規事業

新規事業を創出しようとするとき、業績のためや人材採用あるいは育成など、目的をもって考えています。

いずれにしても、人には向き不向きがあります。

適材適所の采配をするためにも、以下ご紹介する新規事業に向いていると言われる人の傾向を把握しておきましょう。

これらの特徴は、起業家の精神にも通じるものがあります。

  • 新しいことに飛び込み、変化を恐れない
  • 逆境にも負けない精神的な強さ
  • 社内外との信頼関係により、協力関係を築ける
  • 行動力と実行力
  • リーダーシップ

 

一般的な場合、会社員は与えられた仕事をこなせばいい安定した環境にあります。

仕事がルーチンワーク化し、滅多に新しいことがおこらないため、保守的な思考となりがちです。

そのため、突然の変化や新しく何かをすることにストレスを感じ、敬遠しがちになります。

 

新規事業を立ち上げる場合は最低限、野心をもってキャリアに高い志がある人材か、常に業務の改善と向上を目指していける人材である必要があります。

そのうえで人望やリーダーシップ、精神的な強さもあると挫折する可能性を減らせるでしょう。

そのほか、自他を客観的に見られる視点も大切となります。

 

新規事業に向いている人は起業家マインド

新規事業,マインド

そもそも起業家とは新しく事業を作る人のことです。一方、企業家は会社を興すこと。

両者の違いは起業家は必ずしも会社を興し、運営するのではないという点です。

すでにある会社の中で、新しく事業を始める場合は社内起業とも言われています。

新規事業に向いている人は起業家のマインドに類似している点が多くあります。

以下、起業家の5つの特徴をご紹介いたします。

 

1.アイデアを創出する発想力や柔軟性

時代は常に移り変わり、ニーズも変化していきます。固定観念に囚われず、時代に対応できる柔軟な考え方ができるのが起業家マインドです。

 

2.好奇心をもち積極的にチャレンジ

新規事業は新しいことの連続です。うまくいかないことも、リスクもある中で積極的に立ち向かえる人は貴重です。最低限のリスクと損害を抑える準備もして取り組みます。

 

3.責任や原因を他者に求めない責任感

起業家マインドをもつ人は、失敗の原因を他の要因のせいにはしません。自己を振り返り、どうすればよいのかを考え、自己成長や次へと繋げていきます。

 

4.社内外問わず広く信頼を築ける

プロジェクトに携わる中で多くの人と関わることになります。自社の社員や顧客まで、良好な信頼関係を築ける人間性がなければ、思わぬところで躓くことにもなりかねません。

 

5.失敗を恐れないリーダーシップ

自分から積極的に周囲に働きかけ、マネジメントや会計など専門外のことについても率先して動きます。周囲を引っ張るリーダーシップをとることが苦ではないこと。

 

新規事業に求められる能力

新規事業

新規事業を計画するにあたって、携わる人材の人間性やマインド的な特徴以外にも実質的なビジネススキルも大切となります。

会社で新規事業をおこす場合、適切な人材を見極める「人をみる力」が必要です。

社内外から協力者や仲間を確保し、チームを作ることになります。その中で良好なコミュニケーションがとれなければ人は動かず、事業計画も頓挫しかねません。

情報に関してもネットだけでは信ぴょう性含め、機密性の高い情報は得られません。

 

ユーザーへの調査や必要なデータなど、自分の行動をもってしで情報収集をする力が必要です。

情報を集め、実現性や利益率など含め検証し、具体的に考えたうえで事業企画を出します。

そして、企画した事業を社内外や顧客相手などに説明するためのプレゼンテーション。

 

具体的なデータを出し、解りやすく説得力のある資料を作成するために「デザインの4大原則」をおさえることをおすすめします。

新規事業を成功させるためにはチーム内におけるビジョンの共有、ターゲット層や潜在的なニーズの観察など一連のプロセスの流れを作り、環境を整えることも欠かせません。

一定のサイクルがある「デザイン思考」や「リーンスタートアップ」などといった手法を参考にすると良いでしょう。

 

関連:「新規事業の成功に必要なことって?6つのポイントについて紹介

 

まとめ

新規事業に携わらない社員であっても、起業家マインドをもつことは問題解決力や積極的に行動する力になります。

起業家のセミナーや講習会などで学び、常から意識をもつことにより、時間をかけて身につけていくことが可能です。

 

カジュアルミーティング