スタートアップとは?定義やベンチャー企業との違いについてわかりやすく解説

  • 2022.1.20
  • スタートアップ
  • スタートアップ

スタートアップ

近年、ニュースやビジネス雑誌などで耳にすることが増えた「スタートアップ」という言葉。

急激に広まった言葉なので、曖昧な認識のまま理解してしまっている方も多いのではないでしょうか?

今回は、スタートアップとは?定義やベンチャー企業との違いについてわかりやすく解説していきます。

ぜひ最後までご覧ください。

 

スタートアップとは?

スタートアップ

スタートアップという言葉はよく「始まったばかりの会社」という意味合いで使われていますが、それだけの意味ではありません。

まだ世の中にはないアイデアで新しいビジネスを立ち上げることを「スタートアップ」といいます。

 

その名称は「始動」や「開始」などを意味する英語の「startup」に由来しています。

そして、創業から3年未満の企業、または、少し奇抜に思えるようなアイデアを形にしたりして、急激な成長を遂げたりする可能性のある事業体のことをスタートアップ企業と指します。

 

スタートアップ企業とベンチャー企業の違い

時折、これらの2つが同義の認識で使用されているケースが散見されますが、実際にはこの2つは似て非なるものです。

その違いを以下で解説していきたいと思います。

 

〈ベンチャー企業とは?〉

違いを説明する前に、ベンチャー企業の定義を解説していきます。

ベンチャー企業は、設立してから間もない企業、そして、単に少人数の社員で運営している企業のことを指しています。

そして、その多くは設立して歴史が浅い会社が多いこともあり、その結果、スタートアップ企業と混同してしまうのです。

 

〈ビジネス形態の違い〉

スタートアップ企業とベンチャー企業の1番の違いはビジネス形態にあります。

 

スタートアップ企業

・今までにない革新を起こし、新しいビジネスモデルを自分たちの手で構築していく

・世の中に大きなインパクトを与えるビジネスを創り上げていくという目的

 

ベンチャー企業

既存のビジネスモデルをベースに収益性を高める工夫を重ねる

既存のスケールを拡大することで売上を増大する

2つの企業のビジネス形態の違いを知っていれば、以下の収益性の違いも自然にわかってくるかと思います。

 

〈収益性の違い〉

スタートアップ企業は、大企業ではできない思い切った経営や判断をしつつ、新しい技術などで勝負するため、事業が軌道に乗るかどうかが初期段階ではわからないことが多いです。

大抵のスタートアップ企業では、ビジネスの基盤がしっかりと出来上がるまでは赤字が継続することが多く、設立から数年は死の谷(Valley of Death)と呼ばれる期間が存在します。

しかし、その中でも、大成功を収めたスタートアップ企業があることも事実です。 正直、スタートアップが成功するか否かについては賭けになるでしょう。

 

それに比べて、ベンチャー企業は飛躍的な成長は求めず、堅実に日銭を稼いでいくようなビジネススタイルであることが多いです。

スタートアップ企業:初めは不安定なことが多いが、事業が軌道に乗れば大成功を収められる可能性がある

ベンチャー企業:大きな技術革新などの冒険はせず、堅実に事業を行っていく

これが、2つの企業の収益性の違いになってきます。

 

関連:「スタートアップに必要なものとは?成功させるための3つの条件

 

働く上でのメリット・デメリット

スタートアップ,働く

かなり特徴的なビジネススタイルのスタートアップ企業。 以下から、スタートアップ企業で働くことのメリット・デメリットについてそれぞれ解説していきます。

 

〈メリット〉

企業の成長に立ち会える可能性がある

スタートアップ企業は成長スピードが速く、短期間で驚くべき急成長を遂げるケースもあります。

これは、大企業ではなかなか体験できるものではありませんよね。 企業の急成長に立ち会える1人になれるということは、スタートアップの大きなメリットです。

 

大きな仕事を任されることが多く、「自分も経営に携わっている」ことを実感できる

スタートアップ企業では個人に与えられる仕事の裁量が大きく、入社したての若手でも重要なポジションを任されることも少なくありません。

責任感は伴いますが、自分の判断で会社が動いていくのを体感できるので、達成感を感じられるでしょう。

 

〈デメリット〉

企業としての安定性はあまり高くなく、給与や福利厚生は期待できない

上記で、「スタートアップが成功するか否かは賭けに近い」と解説しました。

しかし、それは大げさでも何でもなく、資金難に陥って倒産してしまう…というようなことも、現実的に起こり得ることとして頭に入れておく必要があります。

高い水準の給与や福利厚生といったいわゆる「安定」を求めている人は、あまりスタートアップ企業には向いていないでしょう。

 

長時間労働を避けられないことがある

スタートアップ企業には、部署に分かれるほど従業員がいないため、実務をこなしながら経理や総務にあたる他の仕事を兼務しなくてはならない、といったことはごく普通にあると考えられます。

そのため、ライフワークバランスが安定していません。仕事と趣味を両立させたいという人などは、スタートアップ企業の働き方を苦痛に感じてしまう可能性が高いです。

 

終わりに

今回は、スタートアップとは?定義やベンチャー企業との違いについてわかりやすく解説していきました。

〈まとめ〉

・スタートアップ企業は「まだ世の中にないアイデアを元に、ビジネスを立ち上げる集団

・ベンチャー企業は「少人数で運営する、設立から年数の浅い企業

・スタートアップにはリスクが付きものだが、「自分の手で事業を大きく成長させてみせたい!」という考えがある人にはおすすめできる

 

この記事が、スタートアップについて知りたい人の参考になればと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

  • 2022.1.20
  • スタートアップ
  • スタートアップ

近年、ニュースやビジネス雑誌などで耳にすることが増えた「スタートアップ」という言葉。

急激に広まった言葉なので、曖昧な認識のまま理解してしまっている方も多いのではないでしょうか?

今回は、スタートアップとは?定義やベンチャー企業との違いについてわかりやすく解説していきます。

ぜひ最後までご覧ください。

 

スタートアップとは?

スタートアップ

スタートアップという言葉はよく「始まったばかりの会社」という意味合いで使われていますが、それだけの意味ではありません。

まだ世の中にはないアイデアで新しいビジネスを立ち上げることを「スタートアップ」といいます。

 

その名称は「始動」や「開始」などを意味する英語の「startup」に由来しています。

そして、創業から3年未満の企業、または、少し奇抜に思えるようなアイデアを形にしたりして、急激な成長を遂げたりする可能性のある事業体のことをスタートアップ企業と指します。

 

スタートアップ企業とベンチャー企業の違い

時折、これらの2つが同義の認識で使用されているケースが散見されますが、実際にはこの2つは似て非なるものです。

その違いを以下で解説していきたいと思います。

 

〈ベンチャー企業とは?〉

違いを説明する前に、ベンチャー企業の定義を解説していきます。

ベンチャー企業は、設立してから間もない企業、そして、単に少人数の社員で運営している企業のことを指しています。

そして、その多くは設立して歴史が浅い会社が多いこともあり、その結果、スタートアップ企業と混同してしまうのです。

 

〈ビジネス形態の違い〉

スタートアップ企業とベンチャー企業の1番の違いはビジネス形態にあります。

 

スタートアップ企業

・今までにない革新を起こし、新しいビジネスモデルを自分たちの手で構築していく

・世の中に大きなインパクトを与えるビジネスを創り上げていくという目的

 

ベンチャー企業

既存のビジネスモデルをベースに収益性を高める工夫を重ねる

既存のスケールを拡大することで売上を増大する

2つの企業のビジネス形態の違いを知っていれば、以下の収益性の違いも自然にわかってくるかと思います。

 

〈収益性の違い〉

スタートアップ企業は、大企業ではできない思い切った経営や判断をしつつ、新しい技術などで勝負するため、事業が軌道に乗るかどうかが初期段階ではわからないことが多いです。

大抵のスタートアップ企業では、ビジネスの基盤がしっかりと出来上がるまでは赤字が継続することが多く、設立から数年は死の谷(Valley of Death)と呼ばれる期間が存在します。

しかし、その中でも、大成功を収めたスタートアップ企業があることも事実です。 正直、スタートアップが成功するか否かについては賭けになるでしょう。

 

それに比べて、ベンチャー企業は飛躍的な成長は求めず、堅実に日銭を稼いでいくようなビジネススタイルであることが多いです。

スタートアップ企業:初めは不安定なことが多いが、事業が軌道に乗れば大成功を収められる可能性がある

ベンチャー企業:大きな技術革新などの冒険はせず、堅実に事業を行っていく

これが、2つの企業の収益性の違いになってきます。

 

関連:「スタートアップに必要なものとは?成功させるための3つの条件

 

働く上でのメリット・デメリット

スタートアップ,働く

かなり特徴的なビジネススタイルのスタートアップ企業。 以下から、スタートアップ企業で働くことのメリット・デメリットについてそれぞれ解説していきます。

 

〈メリット〉

企業の成長に立ち会える可能性がある

スタートアップ企業は成長スピードが速く、短期間で驚くべき急成長を遂げるケースもあります。

これは、大企業ではなかなか体験できるものではありませんよね。 企業の急成長に立ち会える1人になれるということは、スタートアップの大きなメリットです。

 

大きな仕事を任されることが多く、「自分も経営に携わっている」ことを実感できる

スタートアップ企業では個人に与えられる仕事の裁量が大きく、入社したての若手でも重要なポジションを任されることも少なくありません。

責任感は伴いますが、自分の判断で会社が動いていくのを体感できるので、達成感を感じられるでしょう。

 

〈デメリット〉

企業としての安定性はあまり高くなく、給与や福利厚生は期待できない

上記で、「スタートアップが成功するか否かは賭けに近い」と解説しました。

しかし、それは大げさでも何でもなく、資金難に陥って倒産してしまう…というようなことも、現実的に起こり得ることとして頭に入れておく必要があります。

高い水準の給与や福利厚生といったいわゆる「安定」を求めている人は、あまりスタートアップ企業には向いていないでしょう。

 

長時間労働を避けられないことがある

スタートアップ企業には、部署に分かれるほど従業員がいないため、実務をこなしながら経理や総務にあたる他の仕事を兼務しなくてはならない、といったことはごく普通にあると考えられます。

そのため、ライフワークバランスが安定していません。仕事と趣味を両立させたいという人などは、スタートアップ企業の働き方を苦痛に感じてしまう可能性が高いです。

 

終わりに

今回は、スタートアップとは?定義やベンチャー企業との違いについてわかりやすく解説していきました。

〈まとめ〉

・スタートアップ企業は「まだ世の中にないアイデアを元に、ビジネスを立ち上げる集団

・ベンチャー企業は「少人数で運営する、設立から年数の浅い企業

・スタートアップにはリスクが付きものだが、「自分の手で事業を大きく成長させてみせたい!」という考えがある人にはおすすめできる

 

この記事が、スタートアップについて知りたい人の参考になればと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。