デザインを外注する際の費用相場と依頼時の注意点をご紹介!

  • 2022.7.20
  • デザイン
  • デザイン

デザイン

最近では広告やウェブサイト、商品やパッケージなど自社で手掛けるべきデザインは多岐に渡ります。

こうしたデザイン業務について自社でデザイン業務が賄えない場合、外注するケースも多いでしょう。

しかし外注先や費用の相場が分からない場合もあります。

本記事では、デザインを外注する際に必要となる費用相場や依頼時の注意点について解説していきます。

 

デザインを外注する際の費用相場は?

デザイン

デザインを外注する際の費用相場とはどのようなものでしょう?

実際は依頼するデザインの種類や期限、量などによって異なりますので、それぞれの費用相場をご紹介していきます。

 

広告デザインの外注相場

広告のデザインを依頼する際はサイズや量、求めるデザインのクオリティによって大きく異なります。

例えばA4、B4サイズの広告であれば、8,000〜50,000円前後が相場となります。

 

ロゴデザインの外注相場

企業やブランドのシンボルとして必要なロゴデザインは、長く使うことになるため費用も吟味する必要があります。

費用相場は20,000円〜となりますが、デザイナーに依頼した場合20万円以上必要なケースもあります。

 

ウェブサイトデザインの外注相場

ウェブサイトは大きく分けて企業のランディングサイトやECサイトなどデザインの依頼規模は多岐に渡ります。

例えばランディングページは企業の紹介サイトですが、デザインを依頼した場合約20万円が相場となります。

一方ECサイトでは、シンプルなデザインは約30万円が費用相場。

 

更にショッピングカートやクレジット決済機能などシステムから依頼した場合100万円を超えるケースもあります。

このようにデザインを外注する際は、費用相場を目安に依頼先を検討してみることをおすすめします。

 

デザインを依頼する企業について

デザインを依頼する企業では、大きく分けて2つあります。

 

高品質・高コストのデザイン会社

デザインを専門に扱うデザイン会社に外注する場合、専門職のスキルで仕上がるため高品質な反面コストも高くなります。

このため規模の大きな案件や、クオリティを求める案件に適した依頼先と言えるでしょう。

費用は案件ごとに異なりますが、10万円〜が目安となります。

 

スキルが豊富なフリーランス

最近ではクラウドソーシング・マッチングサイトでデザインを外注する流れも人気を集めています。

これらのサイトでのデザイン業務は、個人で活躍するフリーランスに委託する形となります。

デザイン会社と比べ、低価格から依頼できるため高品質なスキルを持ったフリーランスを探してみることをおすすめします。

 

デザインを外注するメリットは?

デザインを外注する際のメリットは以下の内容になります。

 

個別の案件で管理できる

デザインを外注する場合、個別の案件ごとに発注できるため自社でデザイナーを雇う場合と比べ費用を抑えることができます。

また案件やプロジェクトごとに予算を管理するため個々のデザイナーに委託する費用も目安が付けやすい点もメリットと言えるでしょう。

 

業務の効率化に貢献

デザインを外注することで、企業のメイン業務であるマーケティング活動や販売などに注力できるため業務の効率化に貢献できます。

また専門スキルを持ったデザインの専門家に外注する事で、業務の住み分けも分かりやすくなるでしょう。

 

デザイナーを自由に選べる

プロジェクトや案件ごとに、デザイナーを自由に選べる点もメリット。

広告やマーケティング、商品のパッケージやロゴデザインなどそれぞれ専門のデザイナーに外注できるため、目的に合ったデザイナー起用を検討してみましょう。

 

デザインを外注する際の注意点

デザイン

デザインを外注する際には以下の点に注意しましょう。

 

デザインの意図を伝える難しさ

案件の趣旨をデザイナーに伝える際など、デザイン本来の意図を上手く伝える事が難しいケースもあります。

デザインの意図とはターゲットの年齢層やニーズをもとに、うまくイメージを伝える事でもあります。

このためデザイナーには詳細なイメージをなるべく具体的に伝えることが大切です。

 

制作日数が掛かることも

案件やプロジェクトを進める際、デザインを決める作業は思った以上に制作日数が掛かることもあります。

このためスケジュールには充分ゆとりを持って取り組むようにしましょう。

 

情報管理を徹底する

デザイナーに外注する際、企業の守秘義務にある情報やデータを提供することもあります。

しかし第三者に貴重なデータを渡すことになるため情報管理は徹底させましょう。

またデザイナーとの契約時、外部に漏洩しないよう契約時に取り決めしておく事も大切ですので覚えておきましょう。

このようにデザイン外注時の注意点では、デザイナーのスキルを見極め効率よく進めて行くことが大切です。

予算管理のもと、案件やプロジェクトを進めていきましょう。

 

フォントのデザイン基礎知識を解説!選び方や注意点もご紹介

 

まとめ

今回は、デザインを外注する際に必要となる費用相場や依頼時の注意点について解説しました。

デザインは案件やプロジェクトごとに予算が決められているため、目的やニーズに応じたデザインを依頼することが大切です。

今回ご紹介しました費用相場や注意点を参考に、デザイン外注を是非検討してみましょう。

 

  • 2022.7.20
  • デザイン
  • デザイン

最近では広告やウェブサイト、商品やパッケージなど自社で手掛けるべきデザインは多岐に渡ります。

こうしたデザイン業務について自社でデザイン業務が賄えない場合、外注するケースも多いでしょう。

しかし外注先や費用の相場が分からない場合もあります。

本記事では、デザインを外注する際に必要となる費用相場や依頼時の注意点について解説していきます。

 

デザインを外注する際の費用相場は?

デザイン

デザインを外注する際の費用相場とはどのようなものでしょう?

実際は依頼するデザインの種類や期限、量などによって異なりますので、それぞれの費用相場をご紹介していきます。

 

広告デザインの外注相場

広告のデザインを依頼する際はサイズや量、求めるデザインのクオリティによって大きく異なります。

例えばA4、B4サイズの広告であれば、8,000〜50,000円前後が相場となります。

 

ロゴデザインの外注相場

企業やブランドのシンボルとして必要なロゴデザインは、長く使うことになるため費用も吟味する必要があります。

費用相場は20,000円〜となりますが、デザイナーに依頼した場合20万円以上必要なケースもあります。

 

ウェブサイトデザインの外注相場

ウェブサイトは大きく分けて企業のランディングサイトやECサイトなどデザインの依頼規模は多岐に渡ります。

例えばランディングページは企業の紹介サイトですが、デザインを依頼した場合約20万円が相場となります。

一方ECサイトでは、シンプルなデザインは約30万円が費用相場。

 

更にショッピングカートやクレジット決済機能などシステムから依頼した場合100万円を超えるケースもあります。

このようにデザインを外注する際は、費用相場を目安に依頼先を検討してみることをおすすめします。

 

デザインを依頼する企業について

デザインを依頼する企業では、大きく分けて2つあります。

 

高品質・高コストのデザイン会社

デザインを専門に扱うデザイン会社に外注する場合、専門職のスキルで仕上がるため高品質な反面コストも高くなります。

このため規模の大きな案件や、クオリティを求める案件に適した依頼先と言えるでしょう。

費用は案件ごとに異なりますが、10万円〜が目安となります。

 

スキルが豊富なフリーランス

最近ではクラウドソーシング・マッチングサイトでデザインを外注する流れも人気を集めています。

これらのサイトでのデザイン業務は、個人で活躍するフリーランスに委託する形となります。

デザイン会社と比べ、低価格から依頼できるため高品質なスキルを持ったフリーランスを探してみることをおすすめします。

 

デザインを外注するメリットは?

デザインを外注する際のメリットは以下の内容になります。

 

個別の案件で管理できる

デザインを外注する場合、個別の案件ごとに発注できるため自社でデザイナーを雇う場合と比べ費用を抑えることができます。

また案件やプロジェクトごとに予算を管理するため個々のデザイナーに委託する費用も目安が付けやすい点もメリットと言えるでしょう。

 

業務の効率化に貢献

デザインを外注することで、企業のメイン業務であるマーケティング活動や販売などに注力できるため業務の効率化に貢献できます。

また専門スキルを持ったデザインの専門家に外注する事で、業務の住み分けも分かりやすくなるでしょう。

 

デザイナーを自由に選べる

プロジェクトや案件ごとに、デザイナーを自由に選べる点もメリット。

広告やマーケティング、商品のパッケージやロゴデザインなどそれぞれ専門のデザイナーに外注できるため、目的に合ったデザイナー起用を検討してみましょう。

 

デザインを外注する際の注意点

デザイン

デザインを外注する際には以下の点に注意しましょう。

 

デザインの意図を伝える難しさ

案件の趣旨をデザイナーに伝える際など、デザイン本来の意図を上手く伝える事が難しいケースもあります。

デザインの意図とはターゲットの年齢層やニーズをもとに、うまくイメージを伝える事でもあります。

このためデザイナーには詳細なイメージをなるべく具体的に伝えることが大切です。

 

制作日数が掛かることも

案件やプロジェクトを進める際、デザインを決める作業は思った以上に制作日数が掛かることもあります。

このためスケジュールには充分ゆとりを持って取り組むようにしましょう。

 

情報管理を徹底する

デザイナーに外注する際、企業の守秘義務にある情報やデータを提供することもあります。

しかし第三者に貴重なデータを渡すことになるため情報管理は徹底させましょう。

またデザイナーとの契約時、外部に漏洩しないよう契約時に取り決めしておく事も大切ですので覚えておきましょう。

このようにデザイン外注時の注意点では、デザイナーのスキルを見極め効率よく進めて行くことが大切です。

予算管理のもと、案件やプロジェクトを進めていきましょう。

 

フォントのデザイン基礎知識を解説!選び方や注意点もご紹介

 

まとめ

今回は、デザインを外注する際に必要となる費用相場や依頼時の注意点について解説しました。

デザインは案件やプロジェクトごとに予算が決められているため、目的やニーズに応じたデザインを依頼することが大切です。

今回ご紹介しました費用相場や注意点を参考に、デザイン外注を是非検討してみましょう。