リスクマネジメントとは?企業が取組むべき対策と手順を解説

  • 2022.5.9
  • リスクマネジメント
  • スタートアップ

世界的に環境の変化が激しい現在では、企業はさまざまなリスクに対応する重要性が増して来ています。

ホワイト企業のリスクを管理する「ホワイト企業認定」では、2020年3月新たにリスクマネジメントの審査を行う事が発表されました。

しかし、企業のリスクマネジメントについて正しく理解していないケースも多い現状があります。

そこで今回は、リスクマネジメントの正しい知識や、企業が取組むべき対策・手順について解説していきます。

 

リスクマネジメントとは?

リスクマネジメント

リスマネジメントとは、企業が存続するうえで起こりうる事故や失敗を想定する事にあります。

また、そうしたリスクによる損失を回避、被害を最小限に抑えることを目的としています。

 

想定されるリスク

リスクマネジメントを行う際、想定されるリスクにはどのようなものがあるのでしょう?

ここでは大きく分けて2つのリスクについて解説していきます。

 

  • マイナス要因のみのリスク

地震や台風といった自然災害や、火災など人的要因によるリスク。

損害の種類としては、財産、利益、損害賠償など企業にとってマイナス要因のみのリスクとなります。

 

  • プラス要素も含んだリスク

税金や法の改正、消費者のニーズの変化、政治経済など社会情勢により受けるリスク。

流動的な要素を含むリスクのため、マイナス時のリスク管理が求められます。

 

危機管理とリスクマネジメント

海外では危機管理=クライシスマネジメントといわれ、具体的な危機が発生した際の対応を意味します。

一方のリスクマネジメントについては、危機が起きる前のリスク管理を意味し、被害を最小限に抑える対策を行います。

日本の場合、危機が起こる前と後の対策をリスクマネジメントと呼ぶ事は多いため、2つの違いから来る「認識差」を理解しておく必要があると言えるでしょう。

 

リスクマネジメント対策の手順

リスクマネジメントを行う際、業種やリスクの種類別に対策の手順が存在します。

ここでは具体的なリスクマネジメントの手順をご紹介していきます。

 

リスクを捉える

まずは日々の業務の中で、起こりうるリスクを捉える作業を行っていきます。

企業の業種ごとに、業務や分野が異なるためさまざまな種類のリスクが存在します。

このため社内の部門ごとに数名ずつ参加する形でリスト化していくとよいでしょう。

 

リスクを解析・分析する

リストアップしたそれぞれのリスクに対し、発生する可能性や頻度、社内への影響について考えていきます。

リスクを項目別に小〜大に振り分け、解析・分析する作業を行います。

この時、影響が大きいリスクから優先順位を付けることをおすすめします。

また、発生率が多く影響力が小さいリスクに関しても早急な対策が必要となりますので、覚えておきましょう。

 

リスク対策の実施

それぞれのリスクについて優先順位が決定した段階で、具体的なリスク対策を実施していきます。

具体的には、リスクの種類を次の2つに分けて実施する事をお勧めします。

 

  • リスクコントロール

災害や火災など事故によるリスクや、関係会社など事業の撤退時などに発生する金銭的な対策です。

 

  • リスクファイナンス

経済的な損失について、保険や期間収益での補填、競合他社との合意などの方法でリスクヘッジを行う対策です。

 

定期的に検証を行う

実施されたリスクヘッジは、定期的に検証を行うことが大切。

具体的にはそれぞれのリスクマネジメントが実施できているか、計画通りに進んでいるかなどいくつかのチェック項目を設けてみます。

また検証した結果をもとに、今後の対策について社内で協議する事で、リスクマネジメントの精度を上げていきましょう。

 

リスクマネジメント審査の内容とは?

リスクマネジメント

最初の項目でご紹介しました、2020年3月に追加されたホワイト企業認定に於いてのリスクマネジメント審査ですが、いくつかの審査基準があります。

ここではリスクマネジメント審査の内容についてご紹介します。

 

情報セキュリティ

情報についてのセキュリティに取り組む際、まずはセキュリティの方針を決める事、次にすべての従業員に内容の理解を促す事が大切。

それぞれの業務、部署ごとの役割りを明確にし定期的に会議や教育で取り組む必要があります。

また、セキュリティ内容は自社や社外の意見を取り入れ都度更新して行くようにします。

 

労働安全性

企業の役割りとして、労働時の安全・衛生に関しての方針を策定する事。

この労働安全性の方針について各部署の従業員には定期的な管理、教育を実施する。

こちらも方針の内容は社内外からの意見を参考に、更新していきましょう。

 

災害対応計画

地震や台風などの自然災害や、火災による事故などを防ぐため、防災訓練など日頃の対策が重要になります。

実際に災害が発生した際の、各部署の行動マニュアルをもとに連絡、避難する手順を整えておくようにしましょう。

他にも重要機密に関するデータをバックアップしておくことや、企業存続のための「事業継続計画」を策定するなどの対策があります。

認定書が定めるリスク管理のポイントを理解し、従業員と適切なリスクマネジメントを行っていきましょう。

 

従業員エンゲージメントとは?働き方のメリットや特徴を解説

 

まとめ

今回は、リスクマネジメントの正しい知識や、企業が取組むべき対策・手順について解説しました。

リスクマネジメントは、企業が存続するためにさまざまな事故や人為的なミスから被害を抑える事に繋がる事を解説しました。

リスクの種類が多岐に渡る事や、対策の手順についてもご理解頂けたかと思います。

また、ホワイト企業認定に関するリスクマネジメント審査内容もご紹介しましたので、日々のリスク管理の参考に是非お役立て下さい。

 

カジュアルミーティング
  • 2022.5.9
  • リスクマネジメント
  • スタートアップ

世界的に環境の変化が激しい現在では、企業はさまざまなリスクに対応する重要性が増して来ています。

ホワイト企業のリスクを管理する「ホワイト企業認定」では、2020年3月新たにリスクマネジメントの審査を行う事が発表されました。

しかし、企業のリスクマネジメントについて正しく理解していないケースも多い現状があります。

そこで今回は、リスクマネジメントの正しい知識や、企業が取組むべき対策・手順について解説していきます。

 

リスクマネジメントとは?

リスクマネジメント

リスマネジメントとは、企業が存続するうえで起こりうる事故や失敗を想定する事にあります。

また、そうしたリスクによる損失を回避、被害を最小限に抑えることを目的としています。

 

想定されるリスク

リスクマネジメントを行う際、想定されるリスクにはどのようなものがあるのでしょう?

ここでは大きく分けて2つのリスクについて解説していきます。

 

  • マイナス要因のみのリスク

地震や台風といった自然災害や、火災など人的要因によるリスク。

損害の種類としては、財産、利益、損害賠償など企業にとってマイナス要因のみのリスクとなります。

 

  • プラス要素も含んだリスク

税金や法の改正、消費者のニーズの変化、政治経済など社会情勢により受けるリスク。

流動的な要素を含むリスクのため、マイナス時のリスク管理が求められます。

 

危機管理とリスクマネジメント

海外では危機管理=クライシスマネジメントといわれ、具体的な危機が発生した際の対応を意味します。

一方のリスクマネジメントについては、危機が起きる前のリスク管理を意味し、被害を最小限に抑える対策を行います。

日本の場合、危機が起こる前と後の対策をリスクマネジメントと呼ぶ事は多いため、2つの違いから来る「認識差」を理解しておく必要があると言えるでしょう。

 

リスクマネジメント対策の手順

リスクマネジメントを行う際、業種やリスクの種類別に対策の手順が存在します。

ここでは具体的なリスクマネジメントの手順をご紹介していきます。

 

リスクを捉える

まずは日々の業務の中で、起こりうるリスクを捉える作業を行っていきます。

企業の業種ごとに、業務や分野が異なるためさまざまな種類のリスクが存在します。

このため社内の部門ごとに数名ずつ参加する形でリスト化していくとよいでしょう。

 

リスクを解析・分析する

リストアップしたそれぞれのリスクに対し、発生する可能性や頻度、社内への影響について考えていきます。

リスクを項目別に小〜大に振り分け、解析・分析する作業を行います。

この時、影響が大きいリスクから優先順位を付けることをおすすめします。

また、発生率が多く影響力が小さいリスクに関しても早急な対策が必要となりますので、覚えておきましょう。

 

リスク対策の実施

それぞれのリスクについて優先順位が決定した段階で、具体的なリスク対策を実施していきます。

具体的には、リスクの種類を次の2つに分けて実施する事をお勧めします。

 

  • リスクコントロール

災害や火災など事故によるリスクや、関係会社など事業の撤退時などに発生する金銭的な対策です。

 

  • リスクファイナンス

経済的な損失について、保険や期間収益での補填、競合他社との合意などの方法でリスクヘッジを行う対策です。

 

定期的に検証を行う

実施されたリスクヘッジは、定期的に検証を行うことが大切。

具体的にはそれぞれのリスクマネジメントが実施できているか、計画通りに進んでいるかなどいくつかのチェック項目を設けてみます。

また検証した結果をもとに、今後の対策について社内で協議する事で、リスクマネジメントの精度を上げていきましょう。

 

リスクマネジメント審査の内容とは?

リスクマネジメント

最初の項目でご紹介しました、2020年3月に追加されたホワイト企業認定に於いてのリスクマネジメント審査ですが、いくつかの審査基準があります。

ここではリスクマネジメント審査の内容についてご紹介します。

 

情報セキュリティ

情報についてのセキュリティに取り組む際、まずはセキュリティの方針を決める事、次にすべての従業員に内容の理解を促す事が大切。

それぞれの業務、部署ごとの役割りを明確にし定期的に会議や教育で取り組む必要があります。

また、セキュリティ内容は自社や社外の意見を取り入れ都度更新して行くようにします。

 

労働安全性

企業の役割りとして、労働時の安全・衛生に関しての方針を策定する事。

この労働安全性の方針について各部署の従業員には定期的な管理、教育を実施する。

こちらも方針の内容は社内外からの意見を参考に、更新していきましょう。

 

災害対応計画

地震や台風などの自然災害や、火災による事故などを防ぐため、防災訓練など日頃の対策が重要になります。

実際に災害が発生した際の、各部署の行動マニュアルをもとに連絡、避難する手順を整えておくようにしましょう。

他にも重要機密に関するデータをバックアップしておくことや、企業存続のための「事業継続計画」を策定するなどの対策があります。

認定書が定めるリスク管理のポイントを理解し、従業員と適切なリスクマネジメントを行っていきましょう。

 

従業員エンゲージメントとは?働き方のメリットや特徴を解説

 

まとめ

今回は、リスクマネジメントの正しい知識や、企業が取組むべき対策・手順について解説しました。

リスクマネジメントは、企業が存続するためにさまざまな事故や人為的なミスから被害を抑える事に繋がる事を解説しました。

リスクの種類が多岐に渡る事や、対策の手順についてもご理解頂けたかと思います。

また、ホワイト企業認定に関するリスクマネジメント審査内容もご紹介しましたので、日々のリスク管理の参考に是非お役立て下さい。

 

カジュアルミーティング