ウェブデザインを学びたい方必見!ウェブデザインとは?から効率的な勉強方法まで紹介

  • 2022.4.15
  • ウェブデザイン
  • デザイン

最近有名になってきたウェブデザイナーという職業。

クリエイティブかつ多様なキャリアの選択肢があるため、目指してみようと考えている方も多いと思います。

しかし、いざウェブデザイナーを目指そうと思ったとき「ウェブデザインって改めて何だろう?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、ウェブデザイナーを目指す方だけでなくウェブデザインについて知りたい方に向けて、わかりやすく解説していきます。 ぜひ最後までご覧ください。

 

ウェブデザインとは?

webデザイン

ウェブデザインとは、PCやスマートフォンなどの電子機器上のWeb上に表示されるページのデザイン・レイアウトに関する制作を行うことを指します。

Webメディアやホームページの制作を指すことが多いですが、昨今ではホームページやウェブサービス、ランディングページのデザインもウェブデザインと呼ぶことができます。

 

ウェブデザインに必要な知識

ウェブデザインは一般的な紙媒体などに使用されるデザインと違い、PCやスマートフォンなどの様々な端末で見られることになります。

そうなると、デザインの基礎知識のほかに、スマートフォン、タブレット、PCといった複数の端末の異なる画面サイズに合わせて、ページのレイアウトやデザインを整えて、レイアウトを自動的に最適化させる方法を学ばなければいけません。

そのようなデザイン手法を「レスポンシブデザイン」と呼びます。

 

これを学ぶためには「HTML」「CSS」と言ったホームページを表示するためのプログラミング言語を学ぶ必要があります。

また、昨今のウェブデザインの現場で必須となっているのが「Javascript(ジャバスクリプト)」の知識です。

Javascriptはブラウザ上でホームページに動きをつけて、よりページをリッチに表現するためのプログラミング言語です。

このようにウェブデザインをするためには、デザインについての知識はもちろん、Javascriptのようなプログラミング言語の知識もつける必要があります。

 

ウェブデザインの学び方

webデザイン

ウェブデザインについて必要な知識を確認したところで、以下からは勉強方法について説明していきます。

 

〈自分で環境を整えて独学〉

ウェブデザインを学ぶ際は必ずしも専門学校や大学に通う必要はなく、独学でスキルを習得することも可能です。

独学ということなら、最初に制作の環境を整える必要があります。

パソコンはもちろん、デザインに必要な各種ソフトウェアをそろえておく必要があります。

Adobe社のグラフィックソフト「Photoshop」、「Illustrator」がワイヤーフレームやデザインカンプの制作に必要とされます。

 

そして、近年はデザインやコーディングに関する本やオンライン講座、サイトが豊富に存在しているので、これらの教材をうまく組み合わせていけば効率的に学ぶことが可能です。

本は基礎から応用まで一通り学べるものが多く、知識が全くない状態からの学習におすすめです。

必要な知識や技術、疑問点だけをピンポイントで得たい場合は、インターネットの情報を参考にすることがおすすめです。

特にコーディングなどのノウハウについては、インターネット上の情報が最新であるケースが多いため、インターネットを活用した方がコンテンツの品質向上に繋がるでしょう。

 

〈スクール等に通う〉

独学が難しいと感じる方は、スクール等に通うことをおすすめします。

スクールを利用するとカリキュラムに沿って効率的に学習することができるため、隙のない知識とスキルを身につけることが期待できます。

そして、スキルとともに人との出会いを通して幅広い教養を得られることもメリットでしょう。

制作ソフトを扱うスキルとコーディングの知識があれば、Webサイトを制作すること自体は可能です。

 

しかし、プロのデザイナーとしてクライアントの期待に応えられるようなコンテンツを制作するには、ただスキルと知識だけでは充分ではありません。

ビジネスやマーケティングについての理解、クリエイティブな発想力など、デザインをする上で必要になる教養は数多くあります。

それらを身につけるためには、スクールなどに通って人との触れ合いを通じて、新たな発見や考え方を見つけると良いでしょう。

 

ウェブデザイナーに必要な資格はある?

ウェブデザイナーになるために必須になる資格はありません。資格を持っているかどうかより、実践で活かせる知識や技術があるかという実力が重視されるからです。

しかし、持っておくと有利になる資格はいくつかあります。

ウェブデザイナーを目指すために持っておくと良い資格は以下のものがあげられます。

・Photoshop®クリエイター能力認定試験

・Illustrator®クリエイター能力認定試験

・Webクリエイター能力認定試験

・ウェブデザイン技能検定

・HTML5プロフェッショナル認定資格

・アドビ認定エキスパート

 

フォントのデザイン基礎知識を解説!選び方や注意点もご紹介

 

終わりに

今回は、ウェブデザインを学びたい方必見!ウェブデザインとは?から効率的な勉強方法まで紹介していきました。

この記事がウェブデザインについて学びたい・知りたい方の参考になればと思います。 最後までご覧頂きありがとうございました。

 

カジュアルミーティング
  • 2022.4.15
  • ウェブデザイン
  • デザイン

最近有名になってきたウェブデザイナーという職業。

クリエイティブかつ多様なキャリアの選択肢があるため、目指してみようと考えている方も多いと思います。

しかし、いざウェブデザイナーを目指そうと思ったとき「ウェブデザインって改めて何だろう?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、ウェブデザイナーを目指す方だけでなくウェブデザインについて知りたい方に向けて、わかりやすく解説していきます。 ぜひ最後までご覧ください。

 

ウェブデザインとは?

webデザイン

ウェブデザインとは、PCやスマートフォンなどの電子機器上のWeb上に表示されるページのデザイン・レイアウトに関する制作を行うことを指します。

Webメディアやホームページの制作を指すことが多いですが、昨今ではホームページやウェブサービス、ランディングページのデザインもウェブデザインと呼ぶことができます。

 

ウェブデザインに必要な知識

ウェブデザインは一般的な紙媒体などに使用されるデザインと違い、PCやスマートフォンなどの様々な端末で見られることになります。

そうなると、デザインの基礎知識のほかに、スマートフォン、タブレット、PCといった複数の端末の異なる画面サイズに合わせて、ページのレイアウトやデザインを整えて、レイアウトを自動的に最適化させる方法を学ばなければいけません。

そのようなデザイン手法を「レスポンシブデザイン」と呼びます。

 

これを学ぶためには「HTML」「CSS」と言ったホームページを表示するためのプログラミング言語を学ぶ必要があります。

また、昨今のウェブデザインの現場で必須となっているのが「Javascript(ジャバスクリプト)」の知識です。

Javascriptはブラウザ上でホームページに動きをつけて、よりページをリッチに表現するためのプログラミング言語です。

このようにウェブデザインをするためには、デザインについての知識はもちろん、Javascriptのようなプログラミング言語の知識もつける必要があります。

 

ウェブデザインの学び方

webデザイン

ウェブデザインについて必要な知識を確認したところで、以下からは勉強方法について説明していきます。

 

〈自分で環境を整えて独学〉

ウェブデザインを学ぶ際は必ずしも専門学校や大学に通う必要はなく、独学でスキルを習得することも可能です。

独学ということなら、最初に制作の環境を整える必要があります。

パソコンはもちろん、デザインに必要な各種ソフトウェアをそろえておく必要があります。

Adobe社のグラフィックソフト「Photoshop」、「Illustrator」がワイヤーフレームやデザインカンプの制作に必要とされます。

 

そして、近年はデザインやコーディングに関する本やオンライン講座、サイトが豊富に存在しているので、これらの教材をうまく組み合わせていけば効率的に学ぶことが可能です。

本は基礎から応用まで一通り学べるものが多く、知識が全くない状態からの学習におすすめです。

必要な知識や技術、疑問点だけをピンポイントで得たい場合は、インターネットの情報を参考にすることがおすすめです。

特にコーディングなどのノウハウについては、インターネット上の情報が最新であるケースが多いため、インターネットを活用した方がコンテンツの品質向上に繋がるでしょう。

 

〈スクール等に通う〉

独学が難しいと感じる方は、スクール等に通うことをおすすめします。

スクールを利用するとカリキュラムに沿って効率的に学習することができるため、隙のない知識とスキルを身につけることが期待できます。

そして、スキルとともに人との出会いを通して幅広い教養を得られることもメリットでしょう。

制作ソフトを扱うスキルとコーディングの知識があれば、Webサイトを制作すること自体は可能です。

 

しかし、プロのデザイナーとしてクライアントの期待に応えられるようなコンテンツを制作するには、ただスキルと知識だけでは充分ではありません。

ビジネスやマーケティングについての理解、クリエイティブな発想力など、デザインをする上で必要になる教養は数多くあります。

それらを身につけるためには、スクールなどに通って人との触れ合いを通じて、新たな発見や考え方を見つけると良いでしょう。

 

ウェブデザイナーに必要な資格はある?

ウェブデザイナーになるために必須になる資格はありません。資格を持っているかどうかより、実践で活かせる知識や技術があるかという実力が重視されるからです。

しかし、持っておくと有利になる資格はいくつかあります。

ウェブデザイナーを目指すために持っておくと良い資格は以下のものがあげられます。

・Photoshop®クリエイター能力認定試験

・Illustrator®クリエイター能力認定試験

・Webクリエイター能力認定試験

・ウェブデザイン技能検定

・HTML5プロフェッショナル認定資格

・アドビ認定エキスパート

 

フォントのデザイン基礎知識を解説!選び方や注意点もご紹介

 

終わりに

今回は、ウェブデザインを学びたい方必見!ウェブデザインとは?から効率的な勉強方法まで紹介していきました。

この記事がウェブデザインについて学びたい・知りたい方の参考になればと思います。 最後までご覧頂きありがとうございました。

 

カジュアルミーティング