新事業で積極的にアイデアを出す方法とは

  • 2022.1.20
  • アイデア
  • 新規事業

新規事業,アイデア

新規事業で一番求められているオリジナルなアイデア。

簡単には生まれるものではないため困っている方がほとんどでしょう。

 

そこで今回は、新事業で積極的にアイデアを出す方法についてまとめてみました。

もしかしたら簡単なところに、アイデアのヒントがあるかもしれません。参考にしていただけると幸いです。

 

アイデアは1日で出来るものではない

新規事業,アイデア

事業企画にどこまで含めるかは、仕事の内容次第になりますが1日で作成することは不可能でしょう。

一般的に「企画」というとサービスを考えたり、新しい施策を考えたり、そういったイメージを持たれる方が多いことでしょう。

しかし基本的には実際に考えるところから実行し、それを評価するところまで全てを担うのが事業企画です。

「売り上げを狙える事業」などといった具体性が掴みにくい要望を、ゼロから作り上げていかなければならないため短くても数か月はかかるものだと覚えておくと良いです。

 

まずは世の中の問題から考える

何もない状態からアイデアを考えることは、とても難しいため多くの時間を失います。

新規事業を考える際には、「世の中の悩みや求めるもの」「問題を理解したが、解決できる課題があるのか?」などということから始めましょう。

他社や既存事業では真似できず、自社でしか解決できない問題を考えるのです。

 

なぜ「問題」から考えるのか?

それは、世の中の「問題」を取り除くことこそニーズであり価値に値するからです。

このニーズこそが「顧客ニーズ」と言われ、新規事業を考える上で一番重要なトリガーになります。

問題を設定すれば「アイデア」「テクノロジー」「ソリューション」などが後からついてくるのです。

 

新規事業の目的を確認する

新規事業の担当を任されたのならば、「なぜ新規事業で新しいものを作りたいのか?」を最初に確認しておきましょう。

  • 本業の競合化によるリスク回避
  • 異業種への参入
  • 保有技術の転用

など考えられるものはたくさんあります。

事業の目的をはっきりすることで、アイデアを出す際焦点を絞りやすくなることでしょう。

 

積極的にアイデアを生み出す方法

新規事業,アイデア

今までの流れは理解できました?もしかしたら「新規事業のアイデアをスムーズに出すためにはどんな方法があるのか?」と悩んできたことでしょう。

ここでは積極的にアイデアを生み出す方法について解説するため、新規事業を始める際真似してみてください。

新規事業を考える際のアイデアはまず質より量を第一とするため、たくさん出していきましょう。

 

・既存事業に依存しない

自社の既存事業をベースにしていると、アイデアの幅は広がりにくくなります。

「自社ビジネスと競合するリスクがあるのでは?」「関連のない事業は社内の人たちに認められないのでは?」などといった考えは発想を鈍らせるだけです。

まずはアイデアをたくさん生み出すことを意識して、ゼロベースで考えていくことをオススメします。

 

・目線を変えてみる

企業側の目線だけで上手くいくのなら新規事業は必要ありません。

  • 顧客の目線
  • それが男女どちらの目線
  • どの年齢の目線

など発想する主体を複数のパターンに分け、身近な人を想像することで意外にも見えるアイデアが存在します。いろんな人の声に耳を傾けてみましょう。

 

・外からアイデアを仕入れる

世の中には、すでにビジネスモデルとして成立しているものがたくさん存在します。

そのようなビジネスモデルを、新しい商品やサービスに応用することで新たな新規事業の生まれるきっかけになることもあります。

インターネットを利用したビジネスであればヒントがたくさんあるのです。

 

いまや、出版社を利用しなくても自己出版で電子書籍やオーディオブックを制作・販売して、収益を上げる事も可能です。

他には、毎月定額を支払うことでどれだけでもサービスを利用できるサブスク(AmazonPrimeみたいなもの)も、広がりを見せています。

このようなビジネスモデルを外から仕入れることで、事業としてスムーズに立ち上げることもできる時代です。

ただこれまで事業化されていなかった分野については、大きな問題がある可能性もあるため注意が必要です。

 

関連:「新規事業の成功に必要なことって?6つのポイントについて紹介

 

まとめ

いかがだったでしょうか?この記事では「新事業で積極的にアイデアを出す方法」について解説しました。

良いアイデアを出すには、自社意外にも広い目線で外の情報を仕入れることも重要です。

他社の成功事例や日常生活での不便や不足などに着目し、物事を考えてみてはどうでしょうか?是非あなたの最高なアイデアを出すきっかけとなればうれしいです。

 

カジュアルミーティング
  • 2022.1.20
  • アイデア
  • 新規事業

新規事業で一番求められているオリジナルなアイデア。

簡単には生まれるものではないため困っている方がほとんどでしょう。

 

そこで今回は、新事業で積極的にアイデアを出す方法についてまとめてみました。

もしかしたら簡単なところに、アイデアのヒントがあるかもしれません。参考にしていただけると幸いです。

 

アイデアは1日で出来るものではない

新規事業,アイデア

事業企画にどこまで含めるかは、仕事の内容次第になりますが1日で作成することは不可能でしょう。

一般的に「企画」というとサービスを考えたり、新しい施策を考えたり、そういったイメージを持たれる方が多いことでしょう。

しかし基本的には実際に考えるところから実行し、それを評価するところまで全てを担うのが事業企画です。

「売り上げを狙える事業」などといった具体性が掴みにくい要望を、ゼロから作り上げていかなければならないため短くても数か月はかかるものだと覚えておくと良いです。

 

まずは世の中の問題から考える

何もない状態からアイデアを考えることは、とても難しいため多くの時間を失います。

新規事業を考える際には、「世の中の悩みや求めるもの」「問題を理解したが、解決できる課題があるのか?」などということから始めましょう。

他社や既存事業では真似できず、自社でしか解決できない問題を考えるのです。

 

なぜ「問題」から考えるのか?

それは、世の中の「問題」を取り除くことこそニーズであり価値に値するからです。

このニーズこそが「顧客ニーズ」と言われ、新規事業を考える上で一番重要なトリガーになります。

問題を設定すれば「アイデア」「テクノロジー」「ソリューション」などが後からついてくるのです。

 

新規事業の目的を確認する

新規事業の担当を任されたのならば、「なぜ新規事業で新しいものを作りたいのか?」を最初に確認しておきましょう。

  • 本業の競合化によるリスク回避
  • 異業種への参入
  • 保有技術の転用

など考えられるものはたくさんあります。

事業の目的をはっきりすることで、アイデアを出す際焦点を絞りやすくなることでしょう。

 

積極的にアイデアを生み出す方法

新規事業,アイデア

今までの流れは理解できました?もしかしたら「新規事業のアイデアをスムーズに出すためにはどんな方法があるのか?」と悩んできたことでしょう。

ここでは積極的にアイデアを生み出す方法について解説するため、新規事業を始める際真似してみてください。

新規事業を考える際のアイデアはまず質より量を第一とするため、たくさん出していきましょう。

 

・既存事業に依存しない

自社の既存事業をベースにしていると、アイデアの幅は広がりにくくなります。

「自社ビジネスと競合するリスクがあるのでは?」「関連のない事業は社内の人たちに認められないのでは?」などといった考えは発想を鈍らせるだけです。

まずはアイデアをたくさん生み出すことを意識して、ゼロベースで考えていくことをオススメします。

 

・目線を変えてみる

企業側の目線だけで上手くいくのなら新規事業は必要ありません。

  • 顧客の目線
  • それが男女どちらの目線
  • どの年齢の目線

など発想する主体を複数のパターンに分け、身近な人を想像することで意外にも見えるアイデアが存在します。いろんな人の声に耳を傾けてみましょう。

 

・外からアイデアを仕入れる

世の中には、すでにビジネスモデルとして成立しているものがたくさん存在します。

そのようなビジネスモデルを、新しい商品やサービスに応用することで新たな新規事業の生まれるきっかけになることもあります。

インターネットを利用したビジネスであればヒントがたくさんあるのです。

 

いまや、出版社を利用しなくても自己出版で電子書籍やオーディオブックを制作・販売して、収益を上げる事も可能です。

他には、毎月定額を支払うことでどれだけでもサービスを利用できるサブスク(AmazonPrimeみたいなもの)も、広がりを見せています。

このようなビジネスモデルを外から仕入れることで、事業としてスムーズに立ち上げることもできる時代です。

ただこれまで事業化されていなかった分野については、大きな問題がある可能性もあるため注意が必要です。

 

関連:「新規事業の成功に必要なことって?6つのポイントについて紹介

 

まとめ

いかがだったでしょうか?この記事では「新事業で積極的にアイデアを出す方法」について解説しました。

良いアイデアを出すには、自社意外にも広い目線で外の情報を仕入れることも重要です。

他社の成功事例や日常生活での不便や不足などに着目し、物事を考えてみてはどうでしょうか?是非あなたの最高なアイデアを出すきっかけとなればうれしいです。

 

カジュアルミーティング